ホーム > 子育て情報局 > 2020.02 総合公園に行って来ました
総合公園に行って来ました

市内には大小さまざまな公園があります。
なかでも総合公園は、広大な芝生がひろがるニコニコ広場や、バーベキューが楽しめるデイキャンプ場など、市民が思い思いに過ごせるスペースがある大型の公園です。今回は総合公園をご紹介します。

総合公園は、シンボルロードの最南端、明海地区の海側に面した場所にあります。
たこあげ大会や花火大会、浦安フェスティバルなどの会場にも使用されており、子どもから大人まで楽しめる、市民の憩いの場となっています。


【浦安市総合公園の概要】
◆所在地:浦安市明海7-2
◆駐車場:251台(障がい者用含む) 利用時間は午前8時30分〜午後8時
◆トイレ:4か所
◆売店:有
◆アクセス:ベイシティバス 3・11・23・25系統で「総合公園」下車
詳しくはこちら→https://genki365.net/gnku04/pub/sheet.php?id=1700


【ニコニコ広場】
約35,000屬旅さがあり、海を望む広々とした芝生が広がる広場です。
1年を通してさまざまなイベントの会場にも利用されています。
ベンチが設置された展望パーゴラもあるので、心地よい汐風を受けながら休憩するのも素敵ですよね。
気候の良い週末には、簡易テントを張りピクニックする家族連れや、たこあげやキャッチボールなどの軽スポーツを楽しむ人々で賑わいます。

公園入口から坂を上りきった場所にあります。


【遊具の広場】
つり橋や平均台、ネットやロープを使って登るすべり台など、身体全身を使ってあそべるアスレチック遊具が楽しめます。
近くにはベンチもあるので、疲れたらひと休みできるので安心です。

駐車場の近くにあります。


【土の自由広場】
円型の砂場の近くには、水栓があるので、泥あそびも楽しめます。

バーベキュー場の隣にあります。


【ビオトープ】
公園の海側にはビオトープがあり、様々な動植物が生息しています。撮影時にはシラサギがあそびに来ていました。なお、普段は立ち入り禁止になっていますが、イベントなどが開催されることもあります。

【他にも充実しています】
総合公園には、売店や自動販売機、テーブルや椅子などが置かれている休憩スペースが設置されている管理棟があります。
管理用の中には個室の授乳室もあるので、赤ちゃんを連れてのお出かけも安心して楽しめます。

また、管理棟の奥、海側にはデイキャンプ場があります。デイキャンプ場は有料で、流し台や調理台が設置された調理棟が2カ所ある他、炭捨て場もあるので、火気を使用した本格的なバーベキューが楽しめます。
事前に管理事務所に予約(電話可)が必要です。料金は市内在住・在勤・在学の方は1区画800円、市外の方は1,600円です。時間は午前9時〜午後4時30分まで利用可能です。

また、園の東側には、木製のテーブルと椅子が設置されているピクニック広場があります。
ニコニコ広場や遊具の広場とは離れた場所にあるので、落ち着いてピクニックが楽しめます。

園内には遊歩道も整備されているので、お散歩をするのも楽しそうですね。

【季節のあそびも楽しめます】
公園中央入口広場(管理棟前)には、夏の時期、地面から噴水状に水が出るので、水あそびが楽しめます。

また、公園にはさまざま樹木が植えられているので、秋にはどんぐりやまつぼっくりを拾ってあそぶこともできます。

春にはピクニック、冬にはたこあげなど、一年を通して季節が感じられる公園です。
ぜひ、ご家族でお出かけしてみてはいかがでしょうか?


 
情報掲載日:2020/02/18
前の画面へ戻る
▲ページトップ