弦打校区コミュニティ協議会
                       

ふるさと学習探検隊「香西の街を訪ねて」

 11月18日(土)9:30〜、「弦打ゆめづくり事業」と「コミセン講座」のコラボ企画として、『香西の街を訪ねて』を実施しました。時折小雨の降る中、中世より栄えた城下町香西の由緒ある神社・仏閣を巡り、また、「むきむきの町」と呼ばれた迷路のように入り組んだ町中の路地を散策して香西の歴史を体感しました。
香西氏(戦国時代、勝賀城を築くとともに、水軍を擁して備讃瀬戸を制圧した大豪族)が迷路のような町づくりを行った理由は、敵を惑わせ城に近づきにくくして護りをかためた為とのことですが、彼の地を実際に歩いてみるといかにも迷いそうな路地が沢山ありました。

香西天満宮
宇佐八幡宮・藤尾城跡
西光寺
香西港
レトロな一角を通りました。
醤油醸造元を見学させていただきました。
万徳寺
香西寺
平賀神社

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松