戸田市ボランティア・市民活動支援センターホームページ

ホーム > まちづくり全般 > まちづくり特集No.17『トダイルミ』〜コロナ禍で点灯実現への道のり〜(R03/01/27)


◆ きっかけ
 上戸田商店会の方々により点灯していた市役所南通りの並木と後谷公園のイルミネーションは、様々な事情により2017年を最後に終了してしまいました。
 この通り沿いに住んでいた私は毎年楽しみにしていたのですが、何も点灯しない2018年の冬はやはり寂しい。私たちの団体名は「市役所南通りの景観と文化を育む会」。「この会で何とか再び点灯させたい!」という思いが強く、イルミ復活に向け動き始めました。
 2019年度の活動予定にすぐにイルミネーション事業を加え、実際動いてみたものの、何をどうやっていいのかさっぱり分からず。予算もあまり取れなかったこともあって、この年は後谷公園の東南角地にLEDを巻きつけた家庭菜園用のアーチを設置するのが精一杯でした。

◆ 2019年の反省を生かしトダイルミ点灯へ
 何がダメだったのかを考え、始動した2020年。プロジェクトマネジメントに3MACHI坂本さん、プロモーションに戸田公園ガイド廣岡さんを招いて、景観の会のイルミ有志メンバーと共に企画、ミーティングを重ねました。
 「コロナウイルスの流行ということもあり、去年よりパワーアップさせたイルミネーションをやる必要はないのではないか」といった議論にもなりましたが、テーマを「感謝と応援そして安心」とし、コロナ禍の中、医療従事者や私たちのライフラインを支えてくれている方々への《感謝と応援》と、そしてコロナに感染して戻ってきた人たちがコロナ差別のない《安心して住める温かく優しい街であるように》との願いを込めて、点灯への準備を進めました。
◆ 資金集め
 点灯実現に向けての資金集めについては、クラウドファンディングと地域の企業への協賛依頼に取り組みました。クラウドファンディングでは、立ち上げ直後からSNSを使って文章発信と動画発信をし、呼びかけました。
 毎晩、個人アカウントからライブ配信でお願いをするなんてこともやりましたが、全く知らない人たちに私たちの想いを文章で伝えることの難しさも痛感しました。
 協賛のお願いは、これまでのご縁で地域の活動を共にしてきた人やお世話になった人のところへ行って直接、想いをお話し、賛同していただきました。
 おかげでたくさんの方々から目標を大幅に上回るご支援を頂きました。感謝の気持ちと同時に、イルミネーションに対する皆さんの期待も高いことを実感しました。
 そして、ライトの設置は、地域の建築関係の企業の方が無償で工事を引き受けてくださいました。とてもありがたかったです。 

◆コロナと闘う方々へ感謝のシンボルとして現在も点灯
 たくさんの方々のご支援のもと、トダイルミは昨年の11月29日に無事、点灯しました。コロナ禍なので残念ながら点灯式は行わず、「オンライン点灯カウントダウン」という方法を選びました。TwitterやFacebookから同時配信、カウントダウンをスマホ3台で撮影し、ライブ配信するという最近っぽいやり方です。
 点灯中のトダイルミのテーマは《感謝と応援そして安心》です。
 後谷公園を通りかかることがあったらぜひお写真を! そして、ハッシュタグ「#トダイルミ」をつけて投稿してください。
 感染者が増加し医療が逼迫している今こそ、医療従事者の方々やライフラインを支えてくださっている方々へ、感謝と応援の気持ちをSNSで伝えてくださればと思います。
 そして、安心して住める温かく優しい街「戸田市」でありますように。
 トダイルミは3月31日まで点灯予定です。



------------------------------------------------------------------------------
【文責:市役所南通りの景観と文化を育む会】代表:阿部あゆみ
-------------------------------------------------------------------------------
 校正/編集:TOMATOホームページ事務局(校正 M.Y/編集 S.Y)(2021/01/27)
 
情報掲載日:2021/01/29
前の画面へ戻る