戸田市ボランティア・市民活動支援センターホームページ

ホーム > 障がい者全般 > 障がい者特集No.23「平成29年度≪手話のまち“go-go”その後≫」(H30.06.29)

 戸田市社会福祉協議会(社協)へ今回の事業の報告書類を提出し、私たちの事業「手話のまち“go-go”」は終了。そして、社協が地域福祉活動を行う団体に対し助成する、「やさしいまちづくり応援助成金交付事業」そのものも平成30年3月31日で終了してしまった。社協の職員の方も「手話のまち“go-go”」を応援してくださっていただけに、非常に残念である。

 手話のまち“go-go”プロジェクトを立ち上げてから、プロジェクトメンバーの結束も固く、/LINEを活用して情報を共有し、/手話通訳・要約筆記を手配し、/体を動かす企画の時はボランティア保険の手続きをし、/講師との打ち合わせを重ね、/ポスターを作成、チラシ配布し、周囲へ呼びかけ、/当日の準備、受付、司会進行、片付け、/そして報告書作成等、メンバー各々ができることをしてきた。
メンバーを中心に6つもの企画を遂行できたこと・・・感無量である。
今回の事業「手話のまち“go-go”」で出会えた方や、戸田市手話通訳問題研究会(通研)の今後の予定を紹介したい。

1.ボッチャ(高橋和樹選手)に関わること
 「高橋和樹をボッチャで世界一にする応援会」がウェブにあり、大会予定を転記。
 ・平成30年7月2日〜9日
  BISFed 2018 ヨーロッパ地区ワールドオープン大会(ポルトガル・パヴォワ)
 ・平成30年8月9日〜19日
  BISFed 2018 世界選手権大会(イギリス・リバプール)
 ・平成30年11月30日〜12月2日
  日本ボッチャ選手権大会(福島市国体記念体育館)

2.ライブトークに関わること
 富士通 Live talk開発者 松田善機さんより

 Live Talkとは、音声認識を用い発話内容を文字化して聴覚障害者に伝えるツールである。聴覚障がい者の多くは複数の聴者と一緒に会議や打ち合わせをするとき、音声発話が分からず、会話についていけない問題がある。この問題を解決するため、聴覚障害者当事者が企画発案し、多くの方々の協力も得て2014年に製品化した。現在まで、多くの聴覚障害者が導入し、職場でのコミュニケーションに役立てている。

 2018年現在は、Live Talkは聴者、聴覚障害者問わず、誰でも使えるものとして進化し続けている。例えば、外国人対応として、我々が日本語で話しても、相手には母国語で自動翻訳される多言語翻訳機能、ウェアラブルメガネや携帯電話の文字表示対応などである。そのほか、富士通フォーラムの手話案内やワークショップにいらっしゃる外国人・聴覚障がい者の通訳にも活用するなど使用用途は広がっている。
 手話のまち“go-go”プロジェクトでは、お客様と交流でき、意見交換し大変良い経験になった。お客様の期待に応えるべく、改良していきたい。このツールが少しでも、聴覚障害者の抱く問題軽減に役立てればと思う。

3.家族会に関わること
「ふれあいの里・どんぐり」などについて掲載している社会福祉法人埼玉聴覚障害者福祉会のホームページがある。⇒☆ http://www.sai-donguri.org/
  ・平成30年7月1日(日)
   第23回ふれあいの里まつり&バザー
    ※毛呂山にある施設を見学する機会!
  ・平成30年7月29日(日)
  「どんぐりの家」上映会in蕨
    ※「どんぐりの家」を鑑賞するこの機会をお見逃しなく!
 ≪通研のボランティア活動≫
  ・平成30年8月11日(土祝)
   黄色いレシートキャンペーン店頭呼びかけinイオン北戸田店
  ・平成31年2月11日(月祝)
   黄色いレシートキャンペーン店頭呼びかけinイオン北戸田店
    ※たくさんのレシートを集められるように一緒に呼びかけよう。

4.お菓子作りに関わること
 MIKAさんのパン教室オランジュリーには、月100人以上が通っている。ホームページがあるので、是非予約してパン作りに行ってみよう。
パン教室が駒込にあるため遠くて行けない、あるいは通いたいけれど日程が合わないなどと悩んでいる人のために、MIKAさんがずっと構想を練っていた「パン好きによるパン好きのための自家製酵母パン作りの動画によるオンライン講座」も始まります。

5.ウィルチェアラグビーに関わること
 平成30年2月、三阪洋行さんの本が発売された。
「壁を越える:車いすのラガーマン パラリンピックへの挑戦」
 本紹介からの抜粋。「高校生のとき、打ち込んでいたラグビー練習中の大けがから頸髄損傷で車いす生活となった一人の青年が、一時は自殺を試みるほどもがき苦しみながらも、スポーツに出会い、小さな積み重ねから自らの障害を乗り越えて行く……。2016リオ・パラリンピックで日本初の銅メダルの快挙を成し遂げたウィルチェアーラグビー日本代表をコーチとしてけん引した著者による、人々に勇気を与える初めての半生記。」

6.サウンドテーブルテニス(STT)に関わること
 講演してくださった丸山恵美子さんに前回の記事の内容を伝えると、「少しでも多くの人たちにSTTを知ってもらい一緒に楽しんでいけたら良いと思っています。障害者福祉会館内での練習日が不定期ですが、是非遊びにいらしてください」との連絡をいただいた。
 STTは、競技国が少ないためパラリンピックの種目にない。国内の大会としては、全国障害者スポーツ大会で今年10月に福井県で開催する。
 この事業で学んだことは活動の糧になり、多くの出会いが刺激となった。
 今回のような事業を今後も展開していくため、賛同者を増やし、戸田市手話通訳問題研究会の会員増加を願う。手話を勉強したい方、ボランティア活動に興味を持たれた方、事業に関わりたい方は、定例会を障害者福祉会館で開催(月曜10:00〜12:00、金曜19:00〜21:00)していますので、是非いらしてください。お待ちしております。


 現在、定例会の中の30分間は、ふるさと祭りで披露する手話コーラスを練習しています。知っている曲に手話がつくとどうなるのか体験しませんか?また、災害について学習する日もあります。知識を高め合える仲間づくりの場にもなるはずです。
 今年9月は、全国ろうあ者体育大会が埼玉県で開催されます。多くの方に大会のことを知っていただき、盛り上げていきたいと思っています。一緒に応援しましょう!!
============================================
【文責:戸田市手話通訳問題研究会 「手話のまち“go-go”プロジェクトメンバー」江島由美】
 ≪手話のまち“go-go”1-2、3-4は下記URLをご覧ください≫
  障がい者特集No.20「平成29年度≪手話のまち“go-go”1-2≫」(H30.03.27)
   ☆ https://genki365.net/gnkt01/pub/sheet.php?id=137172
  障がい者特集No.21「平成29年度≪手話のまち“go-go”3-4≫」(H30.04.27)
   ☆ https://genki365.net/gnkt01/pub/sheet.php?id=137224
   障がい者特集No.22「平成29年度≪手話のまち“go-go”5-6≫」(H30.05.28)
    ☆ https://genki365.net/gnkt01/pub/sheet.php?id=137270
===========================================
 掲載:TOMATOホームページ事務局(校正M.Y/編集S.Y)(2018/06/29)
 
情報掲載日:2018/07/10
前の画面へ戻る