戸田市ボランティア・市民活動支援センターホームページ

ホーム > 特集 > 特集No.84 『もう一度スリランカへ・・の夢 第二部「現地での交流」」』(H30.02.26)

◆跡見学ほか、一日リラックス
 8月17日、プレスクールの園長先生はじめ、お母さんたちや子どもたちの招待で3000年前の遺跡見学へ、バス1台をチャーターして出発。
 ジャングルで覆われていたのが近年発見され、徐々に整備が進められているという。
 緑多い公園でお母さんたち手作りの昼食をご馳走になる。ここでのハプニング。日本から私たちと一緒に参加した、幼稚園児のG君がお弁当を広げたとたん、樹上にいたサルがお弁当を奪って樹上へ・・。
 気を取り直したG君、子ども達とボールの蹴り合いに熱中。ホツとする。近くの湖に行き、水と戯れる一ときをすごし、帰宅。のんびりとした一日でした。

◆シーギリヤ登頂
 20年前、一緒に参加した小学2年生のMちゃんが登れたのだから、今一度シーギリヤへ登りたい・・という私の我がままを受け入れて下さり、若い方たちと4人でシーギリヤへ。
 世界遺産に登録されてからは蟻の行列。だから登れたのかな?みなさんありがとう。

◆マヒンダ氏の結婚式
 マヒンダ氏は日本での留学の経験があり、OWOPとは顔馴染み。お祝いに参加しましょう!と、結婚式への出席がスケジュールに組まれていました。
8月26日、私達6人は、バンダーラさん運転の車で高原地帯を走りに走り、会場へ。

 ホテルには多くの方々が参集されている。式場でお二人に挨拶して席に着く。
 古式に従い司祭の進行で式は進められる。チビの私は初めてのサリー姿で緊張している上、会場の方が御両人の近くに椅子を用意してくれたため、緊張度は高まり、カメラのシャッターを切ることができませんでした。

 長い式の後に御両人を中心に私たちも写真を撮っていただきました。懇談・食事等で時間を過ごし、マヒンダ氏の実家へ。サリーを着用した私達3人は会場へ。一緒に参加した他の日本人、現地の方など、多くの方々が参集されたマヒンダ氏の披露宴。マヒンダ氏御両人の入場などで更に華やかな宴となる。

◆帰途
 今日は日本に帰国する日。宴なかばで、私達3人は飛行場へ。時間を気にして、バンダーラさん車を飛ばす・・飛ばす・・。飛行場着。そしてバンダーラさんの車は他の帰国者を迎えにまた…。全員が揃ったところで日本に持ち帰る紅茶の荷、そしてバンダーラさん御家族も到着。しばし御家族と歓談したりして時を過ごし、スリランカ滞在の御礼を申し上げ、お別れする。8月27日、成田着。
-------------------------------------------------------------------------------
【文責:藤井 やゑ子 ※個人ボランティア(押し花)】
 特集No.77 『私がボランティアを始めた、きっかけ』
  ☆https://genki365.net/gnkt01/pub/sheet.php?id=111640
 特集No.83 『もう一度スリランカへ・・の夢 第一部「成田からスリランカへ」』
  ☆https://genki365.net/gnkt01/pub/sheet.php?id=137093
-------------------------------------------------------------------------------
掲載:TOMATOホームページ事務局(校正M.Y/編集S.Y)(2018/02/26)
 
情報掲載日:2018/02/26
前の画面へ戻る