戸田市ボランティア・市民活動支援センターホームページ

ホーム > おしらせ > 他の都市では行政も「ベンチ・プロジェクト」を立ち上げています。

タイトル 他の都市では行政も「ベンチ・プロジェクト」を立ち上げています。
内容 行政が自発的に街角のベンチを普及させている事例として、福岡市が積極的に推進している「ベンチ・プロジェクト」を紹介させていただきます。

この街角ベンチの普及活動を通じて、弊団体と福岡とは縁があり、昨年に福岡市役所から、一昨年には大野城市から電話が入り、街かどのベンチの設置・管理方法や運営体制・普及の仕組みづくり、今後の課題・展開可能性などについてヒアリングを受けたことがあります。

福岡市の例は、バス事業者も参画し、自主的にバス停付近にベンチを設置するなど、交通施策と絡むモデル的な官民連携事業として、全国的な普及を大いに期待できると思います。
http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/keikaku/health/benchiproject.html

大野城市のこの事例は、ベンチが観光の面でも重要なまちづくりのツールであることも示してくれていると思います。おそらく中心市街地と観光スポットをつなぐルートにもベンチが置かれていると思います。http://www.yakei-world.com/spot_view.php?spot=2374

そのほか、近隣からは都内・神奈川・栃木県等の市民団体・市議会・社会福祉協議会などの多くの方々が、遠方からは京都大学の先生や学生さんが戸田まで視察にいらしてくださるなど、今でも交流を続けて街かどベンチの普及に関する情報交換や意見交換を行なっています。 
この情報は、「特定非営利活動法人まち研究工房」により登録されました
情報掲載日:2017/10/16
前の画面へ戻る