戸田市ボランティア・市民活動支援センターホームページ

ホーム > その他全般 >  「その他全般」特集No.13「お金の不安、解消いたします!」 

「FPサロンさいたま新都心」はさいたま市をはじめ、県南の川口市、蕨市、戸田市でセミナー、ご相談中心にファイナンシャル・プランニングをご提供しています。
2016年10月よりTOMATOへ登録させていただき、戸田市での活動を開始いたしました。

◇初めてのイベントを開催しました!

 記念すべき最初のイベントとして10月29日に戸田市文化会館にて人生の3大出費と言われる「住宅資金・教育資金・老後資金」の中で、早いうちから対策が必要な「住宅・教育資金」についてのセミナーを開催いたしました。
 セミナーには子育て真っ盛りのパパ、ママがご参加下さり、気軽に質問も出るなど和やかな雰囲気で開催する事ができました。

◇今回のテーマ、住宅・教育資金とライフプラン

 住宅・教育資金は、まだ家計に十分な余裕のないうちから準備が必要となります。その為には、将来をしっかりと見据えた計画(ライフプラン)が不可欠です。

 今回のセミナーでは、3人のお子様を育てるママより、「住宅購入を済ませたので、教育費と住宅ローンの支払いでこれからがとても心配」というお話しがあり、それに対して、教育費のように出費の時期が決まっているものに対してはこれからも何かしらの方法で積み立てをするなどの対策が必須というお話しをいたしました。

 理想とする教育資金の準備は産まれた時に始める事です。早ければ早いほど無理なく準備ができるので、しっかりとプランを立てて備えて頂きたいです。

 収入、支出、ご家族の希望、意思をしっかりと確認して作る計画はそのご家庭によって様々です。「お買い物の間に作っておいてください」などと言って作れるものではありません。

◇第2回セミナーは相続のテーマで開催致しました。

 第2回は12月18日(日)に戸田市文化会館にて開催。テーマは「相続と贈与、どっちがお得?」次世代に上手にバトンタッチをするには、相続だけでなく優遇制度のある贈与を利用するという方法もあるという事もご紹介いたしました。

 ご出席頂いた方からは、「とても大切な話であるのに、どこに相談をして良いものか?と悩んでいるうちに時間だけが経ってしまっている。今日誘ってみたが来られなかった友人もいるので、是非また開催して欲しい。」という嬉しいお言葉を頂きました。


◇最近受けた相続のご相談(ご参考)
 
 サロンに相続のご相談でいらっしゃる方の多くは「相続はよそ様の話で我が家とは無縁だと思っていた」と仰います。

 予備知識なく、突然その事態に遭遇すると、何から手をつけてよいか?どこに相談したらよいか?と途方に暮れてしまいます。

 対策をしておかなくて、以下のようなになったお宅があります。



■ それまで仲がよかったお子さん方。それぞれが自分のうちの教育資金やら、住宅資金やらに充てたいからなんて思っていたらしく、分割をめぐって思ってもいなかった争いになって、それからというもの、とても険悪な仲になってしまわれました。

■ 預金が凍結されてしまって、葬儀代の支払いも滞り、当面の生活費も困る事態になってしまった方。

■ 相続税を払うために自宅の売却をせざるを得なくなり、残された奥様の住む場所が無くなってしまった方。
 
 対策をしていればどのケースも避けられたものばかりです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

≪ご相談・ご連絡先はこちら≫
お金にまつわる事は、身内にも友人にも相談しにくい問題です。私たちのように金融機関に所属していないファイナンシャル・プランナーは身近な相談相手であり、問題解決を手助けできる存在です。聞いて良かった、相談して良かった、の次に、お金の不安が無くなったと仰っていただければ幸いです。
困った時は、ぜひ私たちにお声かけください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
NPO法人 日本FP普及協議会 FPサロンさいたま新都心
団体事務所:〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 mio新都心
 TEL:048-859-7810 
 FAX:048-851-5231
 Mail:info@fpsalon-saitama.com
 Website:http://www.fpsalon-saitama.com

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
----------------------------------------------------
【文責:≪FPサロンさいたま新都心≫ 伊勢谷 暁】
----------------------------------------------------
 編集/掲載:TOMATOホームページ事務局 S.Y (2016/12/27)

 
情報掲載日:2017/01/24
前の画面へ戻る