ホーム > レシピ検索(一品) > 生揚げとうずら卵の甘辛煮

一品料理 生揚げとうずら卵の甘辛煮

 この生揚げは、甘酢を効かせた酢豚のような味付けの煮もので、夏場の食欲の落ちる時でもさっぱりおいしく食べられる給食です。味がしみたうずらの卵を食べるときの、子どもたちの幸せそうな表情が、なんとも可愛らしいです。(平成22年6月 市内公立小学校給食献立)

材料

(4人分)小学生1人分の4人分量です。ご家庭で量を加減してお作りください。

生揚げ …200g
砂糖  …4g(小さじ1・1/3)
しょうゆ …4g(小さじ2/3)
水   …40ml

豚もも肉 …40g
にんにく …1.2g
玉ねぎ  …120g
にんじん …40g
茹で竹の子 …40g
チンゲン菜 …40g
干しいたけ …4g
しめじ  …40g
板こんにゃく …60g
うずら卵水煮 …120g
植物油  …4g(小さじ1)

中華スープの素 …2g
砂糖   …6g(小さじ2)
しょうゆ …16g(小さじ2・2/3)
酒    …4g(小さじ4/5)
トマトケチャップ …20g(大さじ1・1/3)
塩    …0.8g(小さじ1/5弱)
酢    …2g(小さじ2/5)
水    …80ml

片栗粉  …6g(小さじ2)
水    …12ml(小さじ2・2/5)

作り方

1 生揚げはたて・横の1辺、高さが2cmくらいの長さに切りそろえ、熱湯をかけて油抜きをする。

2 鍋に砂糖、しょうゆ、水を入れ、1の生揚げを煮含める。

3 豚肉は2cm長さに切る。
にんにくはみじん切り、玉ねぎは薄切り、にんじんはいちょう切り、茹で竹の子は短冊切り、チンゲン菜は2cm長さに切る。
干しいたけはぬるま湯で戻し、せん切りにする。
しめじは石づきをとり、ほぐす。
板こんにゃくは、生揚げと同様に切り、熱湯でさっと茹でる。
うずら卵の水煮は、熱湯でさっと茹でる。

4 中華鍋に油を熱し、にんにくを入れ、香りをだす。その後、豚肉を入れ炒める。

5 さらに、玉ねぎ、にんじん、竹の子、しいたけ、こんにゃく、しめじを順に入れて炒める。

6 水80mlと、酢以外の調味料(中華スープの素、砂糖、しょうゆ、酒、トマトケチャップ、塩)を入れて煮る。

7 チンゲン菜の茎の部分と△寮戸箸押△Δ困虱颪鯑れる。

8 チンゲン菜の葉の部分を入れ、水溶き片栗粉を流し入れ、最後に酢を入れて仕上げる。

メイン画像

1人分の栄養価


エネルギー :206 kcal
たんぱく質 :12.8 g
脂 質 :11.6 g
食塩相当量 :1.4 g

食事バランスガイドにおける「つ」(=SV)

食事バランスガイドとは?>>

主食   
副菜   
主菜   
牛乳・乳製品   
果物   

調理のようす

写真2
写真3
写真4
写真5
写真6
写真7
 
 
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ