ホーム > レシピ検索(一品) > 川島呉汁

一品料理 川島呉汁

 稲作が盛んな川島町では、田んぼの畔で大豆を栽培していたそうです。その大豆をすりつぶした呉汁に、里芋のずいき(芋がら)を入れるのが川島呉汁の特徴です。大豆、里芋、ほうれんそうと埼玉県産の食材を使い、味噌も埼玉県産の大豆から作られた彩花味噌を使用しました。
(平成27年11月 市内公立中学校給食献立)

材料

(4人分)中学生1人分の4人分量です。ご家庭で量を加減してお作りください。

大豆(乾燥):40g(沸騰した湯で30分茹でて戻す)
干しずいき :2g
ごぼう    :40g(ささがき)
にんじん  :60g(いちょう切り)
だいこん  :80g(いちょう切り)
干ししいたけ:2g(水で戻して千切り、戻し汁も使用)
さといも   :60g(いちょう切り)
ほうれんそう:40g(2冑に切り、茹でる)
根深ねぎ  :40g(小口切り)
植物油    :4g(小さじ1)
彩花味噌(白):52g(大さじ3弱)

かつお節(厚削り):12g
水 :520g(かつお節でだしをとり、しいたけの戻し汁と合わせる)


作り方

1 ずいきは水洗いし、水につけて戻し、10分ほど下茹でしてあくをとる。2冑に切る。

2 戻した大豆に、適量のだし汁を加え、ミキサーで細かく砕く。

3 鍋に油を熱し、ごぼうを香りが出るまでじっくり炒める。

4 にんじん、だいこんを加えて炒める。

5 残りのだし汁、2の大豆、しいたけと戻し汁、ずいきを加えて煮る。あくをとる。

6 さといもを加えて煮る。

7 野菜が煮えたら、味噌を加える。

8 根深ねぎ、ほうれんそうを加えて仕上げる。

メイン画像

1人分の栄養価


エネルギー :113 kcal
たんぱく質 :6.0 g
脂 質 :3.8 g
食塩相当量 :1.4 g

食事バランスガイドにおける「つ」(=SV)

食事バランスガイドとは?>>

主食   
副菜   
主菜   
牛乳・乳製品   
果物   

調理のようす

写真2
写真3
写真4
写真5
写真6
写真7
 
 
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ