ホーム > レシピ検索(一品) > パリブレスト・ア・ラ・さいたま(Paris-Brest a la Saitama)/さいたまクリテリウムにちなんだフランス家庭料理の献立

一品料理 パリブレスト・ア・ラ・さいたま(Paris-Brest a la Saitama)/さいたまクリテリウムにちなんだフランス家庭料理の献立

パリブレストは、1891年、Paris-Brest間の自転車競走レースを記念して作られたシュー菓子。さいたま特産のサツマイモをクリームに練りこみ、クリテリウムカラーで秋らしく仕上げてみました。

材料

〔材料] 25個分

○シュー
牛乳  :125cc
水   :125cc
無塩バター:110g
塩   :2g
薄力粉 :150g
卵   :5個
卵黄(焼き色)
スライスアーモンド:少々

○いもクリーム
(カスタードクリーム)
牛乳  :200cc
砂糖  :50g
薄力粉 :8g
コーンスターチ:8g
卵黄  :2個

(スイートポテト)
さつま芋:200g
砂糖  :20g
無塩バター:20g
生クリーム:20g
プラリネ:20g(あれば)

作り方

〔シューをつくる〕
1 鍋に牛乳、水、賽の目に切ったバター、塩を入れ、火にかけて沸騰させる。

2 火からおろして、振るった薄力粉を加えて木べらでよく練り、一まとめにする。

3 再び弱火にかけ、生地の水分を飛ばす。

4 卵を1つづつ加えて、均一になるように練り、どろっと落ちる程度の状態にする。

5 丸口金(なければ1cm程度に口を切った絞り袋)でクッキングシートを敷いた天板に直径6〜7cmのリング状に2〜3重に絞る。表面に焼き色をつけるため、卵黄をぬる。アーモンドを上に散らす。

6 予熱したオーブンに入れ、20分程度表面が色よく焼けたら、乾燥焼き。クーラーに取って冷ます。

〔いもクリームをつくる〕
7 さつま芋を少し多めに鍋で蒸す。飾り用を薄くスライスしておき、熱いうちに残りを裏ごす。

8 卵黄、50ccの牛乳、半量の砂糖、振るった薄力粉とコーンスターチをボールに入れてすり混ぜる。

9 残りの牛乳に砂糖を加えて沸騰直前まで温め、8のボールに加えながらよくすり混ぜる。

10 火に掛けてたえず混ぜながらふつふつするまで炊く。

11 バット(皿)に移して、ラップを掛けて冷やし、バニラエッセンスを加える。

12 7の裏ごしたさつま芋にバター、砂糖、生クリームを加えてスイートポテトを作る。

13 11のカスタードクリームと、12のスイートポテトを併せる。(プラリネがあれば加えても良い。)

14 6のシューを半分にカットし、口金で13のクリームを絞る。

※ 写真は、アングレーズソース(カスタードソース)で飾つけをしました。

メイン画像

1人分の栄養価


エネルギー :123 kcal
たんぱく質 :2.7 g
脂 質 :7.2 g
食塩相当量 :0.1 g

食事バランスガイドにおける「つ」(=SV)

食事バランスガイドとは?>>

主食   
副菜   
主菜   
牛乳・乳製品   
果物   

調理のようす

 
 
 
 
 
 
 
 
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ