ホーム > レシピ検索(一品) > サッパリそうめん

一品料理 サッパリそうめん

 万能ダシで簡単朝ごはん!
残暑の休日の朝は、サッパリそうめん。
ダシを作っておけば、忙しい朝でも超〜簡単!栄養のある料理があっという間に完成。幅広い料理に利用できるこの万能ダシ。
(2011卓上カレンダー・9月)
メニュー考案:寿司よし佳(浦和区)

材料

(1人分)
冷凍ダシ …200ml (ダシ用に昆布とかつお節)
きゅうり …1/2本 
大葉   …2枚
みょうが …1個
オクラ  …1〜2本
塩    …少々
しょうゆ …大さじ1/2
そうめん …1束
温泉たまご …1個
おろししょうが …適宜

作り方

【ダシの作り方】
1 鍋に水1Lと10cm×10cmの昆布を入れ、中火にかける。沸騰する直前に昆布を取り出す。
2 1にかつお節30gを入れ、弱火にして一煮立ちさせ、アクを取って火を止める。
3 かつお節が沈んだら、ボールの上にキッチンペーパーをのせたザルを置き、静かに漉す。

【冷凍ダシの作り方】
ダシが冷めたら1カップ(200ml)ずつ分けて凍らせる。(冷凍で10日間程度は保存できます。)


だしを作っておけば、朝の調理が簡単です。
朝起きたら・・・ わずか10分 スピード調理!

1 鍋に冷凍ダシを入れ、火にかける。

2 きゅうり、大葉、みょうが、ゆでたオクラを小さく切り、塩をふっておく。

3 1と2を混ぜ、しょうゆを入れる。

4 鍋に湯をわかし、そうめんをゆで、水でさらす。

5 器にそうめんを盛り、3をかけ、上から温泉たまご、おろししょうがをのせて出来上がり。
(わかめ、芽かぶ、納豆など入れてもおいしく頂けます。)


〔魚の開きをつかって、もう一品!〕

1 魚の開きを焼き、身をほぐす。
2 残った骨や頭を沸騰したお湯に入れ、骨汁をつくる。
 (開いていない焼魚の場合、骨や頭はもう一度焼いてから使う。)
3 御飯を炊くときには水の替わりに人肌くらいまでに冷ました△旅汁を 使い、塩、しょうゆを好みで入れて炊く。
4炊き上がった御飯の上に,隼阿塚佞鮖兇蕕掘⊂らして出来上がり。
(ほぐした身を入れて御飯を炊くと身がびちゃびちゃになり、食感がいまひとつです。炊き上がった御飯にほぐした身を加えましょう。)

メイン画像

1人分の栄養価


エネルギー kcal
たんぱく質 g
脂 質 g
食塩相当量 g

食事バランスガイドにおける「つ」(=SV)

食事バランスガイドとは?>>

主食   
副菜   
主菜   
牛乳・乳製品   
果物   

調理のようす

 
 
 
 
 
 
 
 
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ