ホーム > レシピ検索(一品)
くわいご飯

くわいご飯

くわいご飯の『くわい』は、埼玉の代表的な農産物です。今がおいしい旬をむかえています。このくわいの藍…

鮭寿司

鮭寿司

こどもの日を飾る華やかな料理の1つです。今回は鮭・錦糸卵・さやいんげんを入れ、赤・黄・緑の色を入れ…

ちらし寿司

ちらし寿司

彩りがきれいな華やかなお寿司です。今回は具にえび、しいたけ、にんじん、れんこん、油揚げ、錦糸卵、さ…

ピースご飯

ピースご飯

今が旬のグリンピース。冷凍や缶詰にないおいしさを味わってみてください。(平成21年5月市内公立中学校…

鶏肉のタッカルビ

鶏肉のタッカルビ

鶏肉や野菜を使った、韓国料理です。この料理に使われる「トック」は、韓国の食材で、うるち米で作られた…

ゆかりじゃこご飯

ゆかりじゃこご飯

ごはんにゆかりと、ちりめんじゃこ、いりごまを混ぜたご飯です。 お好みでお好きな具を増やすのもいいで…

桜えびご飯

桜えびご飯

桜えびとしらす干し、小松菜、炒り卵をご飯と混ぜたものです。具の色合いもとてもきれいで、食卓が華やか…

おしるこ

おしるこ

「鏡開き」は、1月11日にお供えしてあった鏡もちを手や木づちで割る正月料理です。神様にお供えした鏡も…

すまし汁

すまし汁

おもちの入ったすまし汁です。だし汁をとり、作ってみませんか?(平成22年3月市内公立中学校給食献立)

ひな寿司

ひな寿司

ひなまつりは桃の節句ともいわれています。 平安時代には、人々は野山に出て薬草を摘み、その薬草で体の…

さくらちらし寿司

さくらちらし寿司

新学期が始まりました。今日は、みなさんの入学・進級をお祝いして「さくらちらし寿司」です。大根の酢漬…

たけのこご飯

たけのこご飯

たけのこの季語は春。歯ごたえと味と香りと旬を楽しんでください。生のたけのこを用いる場合は、米のとぎ…

かみかみ高菜ご飯

かみかみ高菜ご飯

乾煎りしたちりめんじゃこ、ごま、素揚げした大豆を入れた食感の楽しい混ぜご飯です。豆が入っているメニ…

うなぎちらし

うなぎちらし

今日のちらしずしは、普段のちらしずしに一工夫。うなぎを加えました。甘辛のタレが酢飯とからんでおいし…

中華ちまき風おこわ

中華ちまき風おこわ

5月5日、こどもの日のを祝う献立として、今日は中華ちまき風の味付けをしたおこわを給食室で炊きました。…

じゅーしー

じゅーしー

「じゅーしー」は沖縄風の炊き込みご飯です。じゅーしーには、炊き込みご飯と雑炊の2種類があり、「くふ…

子ぎつね寿司

子ぎつね寿司

お月見のおとぎ話にはきつねもでてきます。きつねと言えば、油揚げです。油揚げをしっかり煮て酢飯に混ぜ…

しゃくし菜ご飯

しゃくし菜ご飯

しゃくし菜は、秩父地方でたくさん作られています。形がしゃもじに似ていることからつけられたそうです。…

洋風くわいご飯

洋風くわいご飯

12月のさいたま市の特産物といえば「くわい」があげられます。「くわい」は芽が出ることにあやかり、お…

旨煮丼

旨煮丼

肉と魚介類、野菜を炒めたところに、中華スープを加え、とろみをつけた旨煮を麦ごはんの上にかけていただ…

ミニ栗ぜんざい

ミニ栗ぜんざい

今日は鏡開きです。給食で白玉もちが入った、ミニぜんざいをいただきます。(平成25年1月市内公立中学校…

ひな寿司

ひな寿司

給食室で炊いたご飯に寿司酢を合わせ、酢飯を作ります。具の材料は、色どりよく仕上げるためにそれぞれ別…

天丼

天丼

夏に旬を迎える、枝豆・オクラを使ったかき揚げを天丼にしてみました。オクラのねばねばにはペクチンとい…

親子丼

親子丼

(平成25年6月市内公立中学校給食献立)

シーフードカレー(麦ご飯)

シーフードカレー(麦ご飯)

2学期最初の給食は、生徒たちが大好きなカレーにしました。いか、えび、あさりが入った、魚介の旨味たっ…

きりたんぽ汁

きりたんぽ汁

きりたんぽは「あきたこまち」というお米で作られています。 本来は三つ葉のかわりに、せりを使用してい…

くわいご飯

くわいご飯

くわいは年末からお正月にかけて出回りますが、 なんと埼玉県は全国の生産量第1位ということを知っていま…

栗ご飯

栗ご飯

旬の栗をたくさん使ったご飯です。 白米にもち米を混ぜて炊き込むことで食感が良くなり、甘味のある栗ご…

じゃこ入りわかめご飯

じゃこ入りわかめご飯

家庭科でも勉強しましたね。2群の食品群(無機質・カルシウム)は不足しやすくなります。ごはんに少し混…

三色ご飯

三色ご飯

三色ご飯は、炒り卵・ほうれん草のソテー・豚肉のそぼろの3つの具をご飯と混ぜて、彩りよく仕上げました…


[1] [2] [3] [4] 前の30件次の30件
前の画面へ戻る
▲ページトップ