生活協同組合コープみらい 埼玉県本部
                               

ふれあい寺子屋 大成楽校を開催しました

10月8日(月)さいたま市立大成小学校での寺子屋活動において、「ノロウィルスに負けない正しい手洗いを学ぼう!」と題して、生徒18人と保護者が参加し「ひつじインフェクション&手洗いを学ぼう!」を行いました。はじめに講師より、ノロウィルスの感染力の強さを説明していただき、実施にどのように菌が広がっていくのかを、ひつじのぬいぐるみを使いゲームをしながら学びました。次に「正しい手洗いの仕方」を教えていただき、実際に覚えた方法で手洗いを行い、きれいに洗った手を専用の機械にかざすと残っている菌や汚れが白く浮きあがり皆さん驚いていました。保護者からは「手洗いは意識的にやらないと汚れが取れないことがわかった」「子どもたちがゲームに夢中になっている中でウィルス感染について学べる工夫がすばらしいと思いました」などの感想をいただきました。

 
   


前のページへ戻る
さいたま市 食育・健康なび