生活協同組合コープみらい 埼玉県本部
                               

コープみらい「国産うなぎについて学ぼう」商品学習交流会

6/14(火)、ミニコープ砂町店(さいたま市見沼区)のコープルーム(会議室)にて「国産うなぎについて学ぼう!」を開催し、14人が参加しました。当日は、日本生活協同組合連合会より講師をお招きして、うなぎの生態と『CO・OP大隈産うなぎ蒲焼』が出来るまでの工程について学習しました。
はじめにうなぎの一生や生態について学びました。うなぎは海と川の両方で生きられる特殊な能力を持っていることに皆さんとても驚かれていました。
その後、うなぎの養殖地の管理方法や、加工の行程のこだわりを学んだ後、うなぎの蒲焼ときざみうなぎの食べ比べを行いました。
参加者からは「うなぎが高価な理由が分かった」「柔らかくて骨もなく食べやすい」「子どもモリモリ食べられる」などの感想が寄せられました。


前のページへ戻る
さいたま市 食育・健康なび