さいたま市
                           

放課後児童クラブでの食育活動 〜食育を実践しようプロジェクト〜

「食育を実践しようプロジェクト」は、食育に関心のある学生に集まってもらい、自ら食育活動を企画・実践するさいたま市の事業です。


平成25年度の学齢期向け食育グループの学生が、市内の放課後児童クラブで、食育活動を行いました。








まずは、「野菜の漢字当てクイズ」。

「人参(にんじん)」「南瓜(かぼちゃ)」などカンタンな問題から、「蕃茄(ばんか[トマト])」といった難しいクイズまで揃えました。

問題にはヒントのイラストが描いてあるので、子どもたちは「ハイ!」「ハイ!」と元気よく手を挙げて答えていました。
次は「野菜かるた」。

さっき覚えた漢字を読み上げて、答えの野菜のかるたをとります。

児童たちは、1枚でも多く取ろうと大熱戦。

予想以上の盛り上がりでした。
食育活動が終わったあとは、自由あそびで学生と子どもとの交流をしました。


短い準備期間で活動を企画し、クイズとかるたを手作りし、実践してくれた学生のみなさんに感謝申し上げます。


平成26年度も市内在学・在住の学生による「食育を実践しようプロジェクト」を実施予定です。

興味のある方は、ぜひご参加ください!

前のページへ戻る
さいたま市 食育・健康なび