佐倉日蘭協会
佐倉ふるさと広場のオランダ風車『デ・リーフデ 《博愛》 De Liefde』
 江戸時代末期、佐倉藩主・堀田正睦は、積極的にオランダの学問を取り入れました。この歴史的なつながりを現代に生かし、市民による草の根の国際交流を行おうと、昭和62年に佐倉日蘭協会が誕生しました。

当協会では、オランダと佐倉の小学生の交流や各種の講演会、オランダ語講座など、身近にオランダを感じられる事業を続けています。

 このような活動を通して、多くの方に日本とオランダの交流に参画していただくことが、私たちの願いです。

《主な活動》

オランダ語講座
オランダ関連講演会
オランダゆかりの地めぐり
佐倉オランダ児童交流事業
シンタクラース祭
オランダ料理講習会
風車まつり
和蘭用語集の刊行・販売
おしらせ
佐倉日蘭協会会報 Hallo!にちらん 2017.7.31
オランダ風車‘デ・リーフデ’スケルトン模型の市民音楽ホール展示について