NPO法人一期JAM
                           

件名 6/9(土) 一期JAM presents! NATA ディジュリドゥWorkshop@大田区民プラザ
主催 NPO法人一期JAM / Wontanara Tokyo 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
開催日 2018年6月9日(土) 
開催時刻 19:45〜21:15 
締切日 先着順 
会場 大田区民プラザ 第1音楽室 
地図・案内図

(画像をクリックすると拡大します)
地図URL http://www.ota-bunka.or.jp/facilities/plaza/facilities/tabid/166/Default.aspx 
定員 30名 
対象者 どなたでも大歓迎! 
申込方法 事前に ws-d-ichigo-jam@outlook.jp まで メール、もしくFBイベントページhttps://www.facebook.com/events/890634751325145/でも受付 
費用 大人3000円   レンタルディジュリドゥ 300円( 紙製のディジュリドゥで持ち帰り可です) 
内容詳細 音楽を通して国際交流、社会貢献を目指す団体、NPO法人一期JAM(いちごじゃむ)がお送りするオーストラリア先住民族"アボリジニー"が演奏する楽器"ディジュリドゥ"のワークショップ!

【ディジュリドゥとは】NATAオフィシャルHPより
南半球の大陸・オーストラリアに住む原住民の祭りや家族の団らんの場でもある日々の宴等で演奏され、歌や踊りと共に彼らの生活にかかせないものです。
芯にある油の部分を白蟻が好んで食べることで中心が空洞となったユーカリの木でできており、自然の力によって筒状になった木の外側に原住民たちによる独特な模様がほどこされます。腹式呼吸で演奏しながら循環呼吸という特殊な奏法で途切れることなく音が続き独特な響きは聴く人をリラックスさせる効果があるといわれヒーリングミュージックとしても用いられています。
自然の中で暮す原住民たちは身近な景色や動物達をディジュリドゥで表現してきました。
大地を駆ける動物達の姿や海原をわたる風の流れ・・・そんな風景が想像できる音色です。

【講師:NATA(ナタ)】  
ディジュリドゥ 演奏家
オーストラリアの先住民族アボリジ二の長老でありディジュリドゥ演奏家のジャルーグルウィウィに師事。
彼らの聖地アーネムランドで狩猟文化、伝統音楽、宴を体験。そこで学んだ自然との関わり方に共感し、
様々な活動を行っている。海外公演、TV・映画音楽製作、フジロックフェスティバル、鎌倉鶴岡八幡宮例大祭、
舞台公演、東京大学や早稲田大学での演奏講演会、幼小中高等学校での特別授業など。
2004年より日本の土を使い富士山の麓で陶製ディジュリドゥを制作。心を込めた作品がアボリジニの宴で演奏される。

オフィシャルサイト www.nata-web.com


 
問い合わせ先 ws-d-ichigo-jam@outlook.jp

【NPO法人一期JAM いちごじゃむ】
HP http://www.ichigojam.org/
ブログ http://ameblo.jp/ichigo-jam-djembe/
Facebookページ https://www.facebook.com/ichigoJAM.djembe
Twitter https://twitter.com/npo_ichigojam

【Wontanara Tokyo うぉんたなーらとうきょう】
主にアフリカ輸入雑貨、洋服、楽器販売、メンテナンスを扱うフェアトレードショップ。2017年5月東京大田区下丸子にてopen。
ウォンタナーラはギニアの部族語であるスス語で「俺たち仲間だぜ」という意味。イヌワリアフリカ日本代理店。
Facebook https://www.facebook.com/WontanaraTokyo/
webショップ https://www.wontanara-tokyo.com/
Instagram https://www.instagram.com/wontanara_tokyo 
関連URL  

前のページへ戻る
大田区区民活動情報サイト オーちゃんネット