縁プロジェクト
                             

H28.08.26(金)・27(土)開催 大森第三中学校    「避難所体験宿泊研修(JRC部避難所体験)」

大災害発生時に生徒が学校に宿泊することを想定し、そのための必要な準備や課題をみつけ、準備の訓練と課題の解決のために、新井宿地区にある大森第三中学校で宿泊研修を行いました。

災害時に「中学生ができること」を学び、さまざまな気づきを経験してもらいました。

【生徒諸君の感想(抜粋)】
・水がひとり2リットルで二日間を過ごすことがとてもたいへんでした。
・もしもの時に三中を一番知っている私たちがリーダーシップを取れると思いました。
・被災者になってしまうことを日頃から意識して想像することが大切だと思いました。
・グループミーティングでは自分では出せない意見を聞けて、勉強になりました。
・震災に遭ってしまったら、みんなの中心に立ってみんなを助けていきたいです。

この研修は
JRC部(Junior Red Cross)の活動の一環として、三中JRC部のみなさんを対象にしました。
寝床作り(非常用毛布)
太陽電池ランタンも活用

前のページへ戻る
大田区区民活動情報サイト オーちゃんネット