成田木彫会
                             

4月の活動風景-

新コロナの脅威は益々大きく、令和三年の始まりは第三波にみまわれて二月三月は休会に追い込まれました。
四月から活動再開しました。


   *-*-*-*-*-*-*-*-*-*

木彫りフォトアルバムブログへ
http://kiborikai.blog.jp/


弥勒菩薩 新作にとりかかりました。しなやかな指が美しい飛鳥仏です。微笑みを彫り出すのが楽しみです。
不動明王立像 木取りが終わり手足の造りを彫ります。全体のバランスを計りながら彫り進めます。
観音菩薩 白衣をまといしなやかな
立ち姿が特徴です。顔の造りが最後になりました。

阿弥陀如来立像 木取りをノコやノミを使ってそぎ落とします。30cm弱の背丈です。
聖観世音菩薩 木取りが終わりました。頭部から木造りにかかります。
衣が複雑に絡むので注意深く彫ります。

きんなら立像(八部衆) 仏頭を彫りました。童顔の頬をなだらかにするのに苦労しています。
合掌童子 子供の仏様です。衣はつけていないので子供の頭でっかちの体形を滑らかに彫りたい。

前のページへ戻る
成田市まなび&ボランティアサイト