成田市 玉造剣友会【剣道】
                             

6年生 最後の練習

3月18日(日)
今年度たった一人の最上級生として玉剣を引っ張ってきてくれた曽我部君が小学校卒業を迎え、本日最後の練習となりました。

剣道を始めたばかりの頃の曽我部君。お兄ちゃんと一緒に玉剣に通い始めました。当時はサムライになりたかったそうで、セップクの練習にも余念がなかったようです。
それが今ではこの勇姿。
剣道ノートを付けながら、真面目に取り組んできた証です。
そしてなんと、曽我部君からの申し出で、5年生4人と先生の合わせて5名を相手にする壮行試合を行うことになりました。
3勝1分けで迎えた先生との一騎打ち。最後は恩師への恩返しと言わんばかりの見事な面を決めてくれました(((o(*゚▽゚*)o)))
そして最後の号令です。見事に務めあげました。
毎年この時期は寂しさを感じるのですが、りっぱに成長した6年生を送り出すことで、後輩たちにも何かが芽生えます。曽我部君との一騎打ちを終えた5年生たちも、何かを受け取ったに違いありません。
さあ、次は君たちが引っ張っていく番ですよ!

前のページへ戻る
成田市まなび&ボランティアサイト