南相馬サイエンスラボ

親子科学実験教室(平成26年度)

私たちは平成26年度、こどもたちに実験や観察を通して科学の素晴らしさを伝えるために8回の親子科学実験教室を開催いたしました。毎回多くの親子が集まってくださりました。簡単に全8回をご紹介いたします。

 
   

第1回「カッテージチーズを作ろう!!〜ものが水にとけるしくみ〜」
平成26年5月25日(日曜日)
さとう・しお・こむぎこ・コーヒーなどを使ってものが水にとけるしくみを学んでからまつなが牛乳でチーズを作って食べました。
第2回「スライムを作ろう!!〜こたい・えきたい・きたい〜」
平成26年6月29日(日曜日)
かき氷をアルコールランプで温めた時の温度の変化を調べ、固体液体気体について学んでからみんなでスライムを作りました。
第3回「カブトエビを見てみよう!!〜おおむかしのいきもの〜」
平成26年7月20日(日曜日)
いまの生き物、大昔の生き物、どちらでもない生き物を分類してグループで発表してから、カブトエビ(生きた化石)をみんなで観察しました。
第4回「流星群を見てみよう!!〜流星のかけら〜」
平成26年8月13日(水曜日)
みんなで人間太陽系を作って流星がなぜその日にたくさん見えるのかを劇を通して学びました。最後に流星のかけらを顕微鏡で観察しました。
第5回「稲刈りをやって見よう!!〜お米作りのひみつ〜」
平成26年9月28日(日曜日)
人類の進化と農業の発見などを勉強してから稲刈り、脱穀、精米、飯盒炊飯をしてイナゴの佃煮を食べました。
第6回「月のひみつを知ろう!!〜月の満ち欠け〜」
平成26年10月5日(日曜日)
月について学んでから部屋を宇宙に見立ててどうして月が満ち欠けするのかをスケッチをすることで学びました。
第7回「石けんを作ろう!!〜みずとあぶら〜」
平成26年11月23日(日曜日)
みずとあぶらのちがいや石けんのやくわりなどを赤と青の手袋を使ってみんなでゲームを通して学んだ後に廃油からみんなで石けんを作りました。
第8回「ろうそくを作ろう!!〜ものがもえるしくみ〜」
平成26年12月21日(日曜日)
ものがもえる仕組みを酸素や二酸化炭素の変化などを通して学んだ後にみんなでクリスマスキャンドルを作りました。
原町第二小学校出前授業「冬の星」
平成27年1月14日(水曜日)
スライドを使って宇宙の広がりや冬に見える星座の勉強をした後に、なぜ季節の移り変わりによって見える星座が変わるのかを体験を通して学びました。
前のページへ戻る