三原市ボランティア・市民活動サポートセンター
                             

活動を取材しました!菜原須磨子さんのミュージックケア

7月6日(土)老人クラブ白寿会の健康学習会にて,日本ミュージックケア協会の菜原須磨子さんが活動された様子をご紹介します。ミュージックケアとは,「音楽の特性の一部を利用して、その人がその人らしく生きるための援助をすること」。音楽に合わせて歌いながら体を動かします。菜原さんの笑顔とやわらかい声で会場の雰囲気も和み,みなさん笑顔に!ミュージックケアを楽しみました。

お互いに背中をさすり合いながら「人にさすってもらうと気持ちがいいね。」「こんなことしてもらったことないわ。」と気持ちの通い合うあたたかい空気にほっこりしました。
楽曲は「かたつむり」や「チューリップ」等の童謡から,北島三郎さんの「与作」までバラエティーに富み,最後は「それ行けカープ」で大盛り上がり!運動には,手拭いや鳴子を使用する等,内容盛りだくさんです。菜原さんは,「手の痛い人は無理しないでね。」「手伝ってもらえると助かるわぁ。」等,声を掛けながら,会場の様子に合わせて進めていきます。会場からは「いつもは家で黙っているから,今日は楽しかった。」「これで10年長生きするわ。」との声も聞こえてきましたよ。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと