まほろばくろたに
                             

地域活動紹介 サロン太郎丸

黒谷地域では,サロン太郎丸が高齢者を対象にサロン活動を行っています。名称は,地域に残る太郎丸城址・太郎丸館跡にちなんでなずけています。
年に6回,黒谷集会所を会場に主として保健師さんによる健康相談や健康体操等健康寿命を延ばす取組みや,駐在所さんによる特殊詐欺への対応等のお話もしてもらっています。
毎回10名程度の参加があり,支援者5名(区役員と民生委員ですが,全員まほろばくろたにの会員です)が対応しています。
10月26日(水曜日),10時〜12時まで,今年度第3回のサロンが開催されました。
今回は大和保健福祉センターの栄養士さんに
「どうして塩分の取り過ぎはよくないの」というテーマでお話しをしてもらいました。
ラーメンのスープの飲み方による塩分量の違いなど,事例を交えて話しをされたので,参加者の皆さんもよく理解されていた様子でした。
お話しが終了した後,いつものようにみんなで集会所の掃除をしました。
12時より弁当と支援者が作ったお汁で楽しい昼食懇談会としました。情報交換も兼ねており,困りごとなどについても聞くようにしています。
次回は忘年会も兼ね12月開催予定です。
左の写真は,会が始まる前に行う看護師さんによる血圧測定です。また尿検査も行っており,データを蓄積し,適切なアドバイスが受けれる体制となっています。

栄養士さんによる「どうして塩分の取り過ぎはよくないのか」のお話しです。
皆さん真剣に聞いています。
どの食品が塩分が多いかのクイズです。チーズと梅干と漬物のうち塩分が最も多いのは?
皆さん正しく回答されていました。正解は梅干です。
昼食懇談会風景です。参加者と支援者が同じテーブルについて,食事をしながら情報交換をします。
食事には,ビールもついているので話もはずみます。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと