椹梨自治振興会 地域活性化実行委員会
                             

子ども支援・交流事業 ”夏休み、みんな、おいでよ!”開催

高齢者・子ども支援部会では,地域福祉ボランティアくわのみ会,椹梨公民館と共催で8月4日(木)に,子ども支援・交流事業”夏休み,みんな,おいでよ!”を椹梨公民館で開催しました。

スタッフも含め75名の多数の参加があり,楽しくにぎやかに行うことができました。

学年ごとに各テーブルに分かれ,午前中は夏休みの宿題と自由課題の作成をしました。各テーブルにはスタッフが2名づつついて指導をしました。

午後からは,講師の仁田先生の指導で紙ヒコーキ作りを行い,椹梨小学校のグランドで飛ばしました。空高く舞い上がった飛行機に子ども達は歓声を上げていました。

沢山の子ども達があつまることは地域を元気にします。今後も定期的に子ども達との交流事業を行っていきたいと思います。

終了後の反省会で,このような会をたくさんやってほしいとの提案もありました。今後の検討課題としたいと思います。

開会式では,池田実行委員会委員長が挨拶をしました。
学年ごとにテーブルに分かれ,夏休みの宿題をしました。

各テーブルには,スタッフが2名ついて指導をしました。
夏休みの自由課題に取組みました。

このテーブルでは,牛乳パックを利用して郵便ポストを作成しました。
昼食は,ボランティアグループひまわり会のみなさんがに作っていただいたカレーをたべました。

おいしかったのでしょう。たくさんの子どもがお代わりをしていました。
午後から,仁田先生の指導で紙ヒコーキをつくりました。

結構こまかな作業なので,子ども達も苦労していましたが,全員作成することができました。
公民館で作成した紙ヒコーキを椹梨小学校のグラウンドで飛ばしました。

高く舞い上がった飛行機に子ども達は歓声をあげていました。

前のページへ戻る
みはら市民協働サイト つなごうねっと