NPO法人 春日部FM

◆かすかべFMクラブ 「歴史探検ウォーキング」

今日のかすかべフェルマータクラブは、『歴史探検ウォーキング』と題し、春日部観光ボランティアの皆さんのご協力の下、春日部の歴史を学びながら春日部八幡神社を探索しました。

前回、3月に行う予定でしたが、この日はあいにくの雨でしたので活動センターの会議室で、写真などを見ながら「行ったつもりになって」歴史を学んだのです。
今回はいよいよ八幡神社を散策します!

 
   

まずは始めに、八幡神社の参道の入り口にある「都鳥の碑」の説明を聞きました。
これは、在原業平と八幡神社の故事を伝える碑です。
続いて鳥居をくぐり、参道を歩きます。
参道からは拝殿が見えないようになっているのですね。
これは境内にある、十二支灯篭です。狛犬の上に置かれている珍しい灯篭なんですよ。
こちらも境内にある力石。むかしはこれで力くらべをして遊んだのだそうです。
それでは本殿に参拝しましょう。ただしいお参りのしかたも教わりました。
本殿の裏にある「奥の院」です。昔はここが本殿でした。
平成7年の火災によりあたらしく建てられました。
本殿の脇にある十二支の大きな絵馬です。自分の干支はあるかな?
こちら一帯は、古隅田川と元荒川のはんらんと偏西風で作られた砂丘となっていて、水はけがよいのだそうです。
さぁ、春日部稲荷神社に参拝しましょう!
神様につかえているのは白いキツネです。
神社をぬけると、富士山信仰のために作られた「富士塚」があります。頂上には富士山の神様の浅間さまがまつられています。
がんばって上りましょう!ただいま四合目!
ここが頂上です!見晴らしがいいです。
八幡神社をはなれて、道(旧鎌倉街道)の反対側を散策します。
ここは浜川戸遺跡といって、春日部のほぼ中央にある遺跡です。昔の土器などが今もたくさん眠っています。
もう少し先に行くと、小さな三叉路の角に「薬師堂」が見えてきました。
ここは薬師如来を安置しているお堂です。
中にはなにがあるのかな?
薬師如来とその両側に日光菩薩と月光菩薩
そして十二神将がいらっしゃいました!目の病気にご利益があるのだそうですよ!
八幡神社に戻って、今日のおさらいのクイズタイムです。
なじみの深い春日部八幡神社について、知らなかったことがたくさんあって、大人もとても勉強になりました。
お疲れ様でした!
前のページへ戻る