かすかべ案内人の会

定期案内・かすかべ探訪−粕壁宿から八木崎へ

平成24年6月30日(土)午前10時より、定期案内「かすかべ探訪−粕壁宿から八木崎へ」を行いました。当日は、梅雨の谷間で好天に恵まれ、蒸し暑い日でしたが、ご参加の皆様には、粕壁宿から八木崎へのご案内をお楽しみいただきました。次回(7月28日)の定期案内は「粕壁宿から幸松地区へ」です。お楽しみに。なお、詳細は「広報かすかべ」7月号をご覧ください。左の写真は、今回(6月30日)の「三囲神社」(みめぐりじんじゃ)のご案内の様子です。
  

出発前の風景。(『ぷらっとか
すかべ』にて)。
【かすかべ探訪】の旗を作り
ました。
 「玉蔵院」の「駒形石橋養
塔」のご案内風景。昔、近く
に小流があり、石造りの「駒
形橋」が架かっていました。
ご住職の「お盆」についての
お話。冷たい飲み物のご接待、
ありがとうございました。
  次の「三囲神社」へ移動。
  交通安全第一。
 「三囲神社」(みめぐりじん
  じゃ)の伝説の紙芝居。
   
「浜川戸薬師堂」のご案内風景。
「浜川戸遺跡」のご案内風景。
「春日部八幡神社」の「都鳥の
碑」のご案内風景。
『名にしおはば いざこと問は
む みやこどり わが思う人
は ありやなしやと』
「春日部八幡神社」の鳥居の
ご案内風景。「新方荘惣社」
(にいがたしょうそうじゃ)
の額があります。
 「春日部八幡神社」の燈籠。
 十二支が刻まれています。
 「春日部八幡神社」の御神
 木のご案内風景。
「春日部八幡神社」の力石の
ご案内風景。重そうですね。
「春日部八幡神社」の奥の院
のご案内風景。旧本殿は、昭
和47年に市の有形文化財に
指定されましたが、残念なが
ら平成7年11月に焼失して
しまいました。
「春日部八幡神社」の十二支
の絵馬のご案内風景。
「浜川戸河畔砂丘」のご案内
風景。「浜川戸河畔砂丘」は、
古隅田川の氾濫と偏西風で形
成された自然堤防上の小高い
丘です。
  本当に、砂地です。
 「春日部稲荷神社」のご案内
 風景。春日部八幡神社より古
 い創建です。
「浅間社の富士塚」のご案内
風景。
「富士浅間社」の碑。江戸時
代から明治時代には「富士
講」が流行しました。
7月1日、富士山の山開きに
に合わせて、子どもの無病息
災・成長、火防などを祈願す
る初山行事が行われます。
 
前のページへ戻る