NPO法人 春日部FM

かすかべFMクラブ カメラマンというお仕事について

写真家の高島史於(ふみお)先生をお招きして、カメラマンというお仕事について、また上手な写真の撮り方などを学びました。

独自の視点で国内外の人々や生活、自然をおさめる写真家の高島史於さんのお話です。
写真家にもいろんなジャンルの写真家がいるそうです。例えば、虫や草花を撮る人、風景を専門に撮る人、またスポーツを撮る人など。
高島先生は、主に「舞台」と「旅」をテーマに写真を撮り続けています。
舞台では、踊りを撮ることが多く、人の動きがあるので撮影が難しいそうです。
また、先生は世界中のいろんなところに撮影に行っています。カナダのモントリールで行われたジャズフェスティバルで撮った写真などをスライドで見せてくださいました。写真家になると世界のいろんなところに行けるんですね。迫力ある写真を見てみんな驚いていました。

 
   

ウォーミングアップはアレックス先生の英会話。
今日は登山がテーマ。
山登りに必要な道具などを皆で考えました。
ちなみに、アレックス先生は、危険な標高の高い山に登った経験があるそうです。すごいですね。
高島先生が、60歳になったのを祝い、6月22日から写真展が開かれるとのことですよ。

日時:2012年6/22(金)〜7/5(木)※日曜日休館
営業:10:30〜18:00(最終日は15:00まで)
場所:「エプサイト」エプソンイメージングギャラリー
住所:〒163-0401 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル1F
料金:入場無料
前のページへ戻る