NPO法人 春日部FM

かすかべFMクラブ 防災センター見学&ランニング

5/12のかすかべFMクラブは、春日部市の防災センターを見学後、大沼運動公園でランニングをしました。
防災センターの金子さんにご説明をいただきながら、いろいろな体験をしました。

 
   

地震体験コーナーでは、実際にゆれるはじめると、いままで余裕の表情だった子どもたちも思わずテーブルの下にかくれます。
震度2はまだまだ余裕〜
震度7はこわいね!
次は火災体験室です。
ここは、ドアの内部に煙が充満しているとの想定で、どれだけ身を低くして避難できるかチェックできます。表のパネルに、頭が高いときはその場所がランプが表示されます。
これがなかなか難しいのです。
次は消火器体験です。
火事が起きた時、あわてないで消火器が使えるように、消火器のしくみや使い方を教えていただきます。
その後、実際にレーザー光線がでる消火器で、消火体験ゲーム(?)をしました。
最後に春日部のハザードマップを見ながら、春日部の過去の災害を振り返りました。
地震や竜巻など、自然災害も増えていますので、もしもの時にあわてない知識を身に着けてもらいたいですね。
防災センターを後にして、大沼運動公園に場所を移してランニングとミニ駅伝を行いました。


日差しはあるのに冷たい強めの風が吹いている中、準備体操のあと、元気にランニングをしました。
前回より少し長い、約500メートルを1周交代でミニ駅伝をしました。
回を重ねるにつれて、みんなの走りもしっかりしてきたように思われます。
平井さんのシューズには『気力』と書かれています。
(見えずらいかな?)
富士登山マラソンでは、苦しいときにこれを見ながら頑張ったのだそうですよ!
皆さまもいかがですか〜
前のページへ戻る