(特非)科学実験教室サポーター・くじら
                           

浅田小わくわくプラザ 音の科学

 2月27日 浅田小学校わくわくプラザにお邪魔しました。音に関する科学実験教室を行いました。参加した小学生は37名でした。

 喉に指をあてて、声をだすことによって、音が震え(振動)であることを確かめることで教室を始めました。次に行ったのは、風船を貼って膜にしたステンレスボールに塩を振って、そこに向けて大声を出して、塩が飛び跳ねて作る模様を観測する実験です。子供たちの声の質や高さの違いで、塩のはね方や作られる模様が違うのを観察しました。写真は塩の模様の一つです。
 
 科学工作遊びは紙コップの上にモールで作ったヘビを声で操つるヘビ使いです。みんな上手にヘビをあやつっていました。日ごろのうっぷんを晴らすかのように、子供達は大声を出して、音の科学実験を楽しみました。

情報掲載日:2019/03/01

前のページへ戻る
かわさき市民活動ポータルサイト〜応援ナビかわさき〜