ホーム > 活動レポート > 2016年4月3日第1回定例活動報告

2016年4月3日第1回定例活動報告

「戸吹北森を守る会」4月3日(日曜)新年度第1回目の活動、ヤマザクラはまだ1分咲の里山でした。今日は田圃の準備、午前中は学生諸君による田起しからの作業となりました、慣れない田圃に足をとられての作業。オタマジャクシに気を付けながらなの作業でやっと10#田が終わりました。午後は自然観察とクヌギのどんぐりの播種、植え付け位置の目印をつけながらの作業でした。別班は自然観察路の補修で安全柵も設置されました。今回の活動も、武蔵野大学と創価大学学生のパワーが大活躍でした。
※次回活動は4月10日:引き続き田植えの準備作業を行います。(今年は気温が低いのか稲の苗づくりは遅れ気味のようです)田植え予定日は5月8日(日曜)の予定、イベント案内を参照願います。

 
   

田起し作業中、泥田の中で悪戦苦闘の作業でした。
イノシシに荒らされた水路も補修、直しても荒らされ、直しても荒らされのイノシシごっこです。
もう芽が出始めたクヌギのどんぐり、虫に食われたどんぐりも数個まとめて蒔きました。
自然観察をしながらのどんぐり植え付け、スミレやボケの花が満開でした。
自然観察路の補修、3月からの継続作業です。
お昼はお湯を沸かしてインスタント味噌汁、少人数の作業の時はかんたんにすませます。
この情報は、「戸吹北森を守る会」により登録されました
情報掲載日:2016/04/05
前の画面へ戻る
▲ページトップ

Copyright@2015 Hachioji-City. All Righets Reserved.