日本橋女声合唱団

「へそ展」の中央区第九の会公演に参加

平成22年11月2日(火)晴海トリトンスクエア、グランドロビーで開催されていた第16回中央区産業文化展、通称「へそ展」に中央区第九の会が12月の本公演のPRを兼ねてミニミニ公演をしました。日本橋女声合唱団からも有志と関係者合わせて9名が参加しました。第九をほんの少しと、本公演でも演奏する「ヴィヴァルデイが見た日本の四季」より<春>花と<秋>村祭りを歌いました。このミニミニ公演は実際の人数の半分以下での演奏でしたが、会社帰りの方々や「へそ展」にいらした方々が足をとめて聞いて下さいました。本公演は石毛保彦氏の指揮で中央区交響楽団と共に12月12日(日)17:00より、またそれに先立って、12月10日(金)19:00より公開リハーサルもします。本公演もリハーサルも同じ 晴海トリトンスクエア グランドロビーで行われます。年の瀬に第九を聞いて、新たな年に向けてエネルギーを充電なさいませんか?

 
   

前のページへ戻る