井上靖記念館
井上靖記念館
紹介
 井上靖が旭川で生まれたことを記念して、平成5年7月24日に開館しました。自筆の取材ノートをはじめ、直筆原稿、文学作品、親交のあった芸術家の作品など、貴重な資料を展示しております。

 常設展以外にも、定期的に企画展を開催したり、文学講演会や文学講座、ロビーコンサートなどの行事を行っています。

 平成24年5月に、東京都世田谷区にあった井上靖邸の書斎・応接間を移転し、公開。

 実際に使用していた執筆机や生涯そばに置いて眺めた陶芸家・河井寛次郎の壺など、当時のままに再現し展示しています。
 当館職員による書斎・応接間についての簡単なガイダンス(実施時間20分程度)も行っております。

[
活動報告
]
◆ギャラリートーク「井上靖と西域を旅して」
◆井上靖講座 講演会「登山家を語る」
◆短編小説を読む 第1回「天正十年元旦」
◆第2回企画展 映像化された井上作品1
◆第3回企画展 初出掲載誌展
◆第4回企画展 井上靖と西域紀行展1
◆第1回企画展「井上靖 人と文学5―『闘牛』・『猟銃』の世界」展