スマイル農園・食談会

 春夏野菜の作付けシーズンに入り、4月8日に新年度、初めての定例会を午前9時から開催しました。
 このシーズンで12品種を栽培し収穫物を地域の方々との交流に活用する予定です。キャベツ・ジャガイモ・ネギ・人参・小松菜・大根・サトイモ・トウモロコシ・ミニカボチャ・ミニトマト・ピーマン・茄子を栽培します。
 花き栽培の活動も増やし、野菜いっぱい、花いっぱいの学校作りに貢献しようと新たな気持ちで活動を始めました。
  

 本日の農作業は、土を耕し、畝を作り、大根と人参の種を蒔きました。スマイル農園・食談会は伝統野菜やあまりスーパーでは見かけない野菜を作付けすることを基本としています。
大根は、ころ愛・雪美人・つくし春・30日大根の4品目を種蒔きし、人参はベーターリッチを蒔きました。副会長の指導で会員協力し合って農作業を行いました。
 本日は農作業を終えた後で、総会を開催しました。今年度も、無農薬による野菜作りと花き栽培を通じて地域の人々との交流を深め、農作業による地域社会活動を行うことを会員全員で一致し確認しました。
前のページへ戻る