やちよ
                             

件名 女性の日記から学ぶ会二十年の歩み〜平成8年から28年〜
内容 平成八年「女性の日記から学ぶ会」を同志十人で創立しました。従来注目されることが少なかった現存する庶民の日記(特に女性)を収集し、保存、活用し、後世に伝えていこうというもので、お手本のない手さぐりの船出でした。はじめはプライベートな日記を提供いただけるだろうかと半信半疑でしたが、珍しい活動のため、新聞やマスコミに紹介され、そのたびに全国各地の日記を書く人、または家族の日記の処分に悩んでいる方などから連絡をいただけるようになりました。日記を読み解き日記展、日記塾、会報発行、集いなど一歩一歩活動を広げ、皆で楽しく賑やかに走り続けて、気が付くと二十年になりました。
この二十年の歩みをご覧ください。 
イメージ画像1
(画像をクリックすると拡大します)

前のページへ戻る
やちよ市民活動サポートセンター