ホーム > 子育て情報局 > 浦安版少子化対策事業 その2

先ほど浦安版少子化対策事業その1でご紹介した、浦安市が取り組む少子化対策事業の概要をご紹介します。

浦安版少子化対策事業その1を見る
http://genki365.net/gnku04/pub/sheet.php?id=6301





子育て世帯の悩みや不安感、孤独感を和らげ、妊娠、出産、子育てにわたる切れ目のない支援を行うため、保護者と子どものライフステージごとの「子育てケアプラン」を本市が独自に認定している子育てケアマネジャーと保健師が中心になって、お母さんと一緒に作成します。

まず、妊娠届を出されたすべての方に、母体や出産に関する悩みや不安、希望などを伺いながら、出産までの約6カ月程度の「最初の子育てケアプラン」を作成します。

ケアプランには、妊娠期の公的支援のほか、出産に向けての目標や自分でできること、また家族の支援などを検討します。

その後、出産前後の時期にこんにちはあかちゃんギフトをお渡しする際、お子さんが1歳になるまでの「2回目の子育てケアプラン」を作成します。

さらに、お子さんの1歳の誕生日前後に合わせ、ファーストアニバーサリーチケットをお渡しする際、さらに6カ月程度の「3回目の子育てケアプラン」を作成します。

出産後の2回の子育てケアプランは、本人の就労希望の有無を伺い、利用できるサービスや事業をケアマネジャーと一緒に検討していきます。

妊娠届から出産、出産から1歳6カ月健診までのそれぞれの節目に、ケアプランを対面で作成することにより、行政とのつながりが希薄になる期間を埋め、切れ目のない支援を行っていきます。

【問合せ】こども家庭課 Tel.047-351-1111

 ★こんにちは赤ちゃんルーム(.吋▲廛薀鷓鄒)の紹介ページ 
 http://genki365.net/gnku04/pub/sheet.php?id=3900

 ★政府インターネットTVでも子育てケアプラン作成について紹介されています。
 http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg10768.html?t=141&a=1



産前・産後サポーターが子育て家庭を訪問し、円滑な育児のスタートができるように話し相手や相談にのることにより家庭や地域での孤立感の解消を図ります。(開始に向けて準備中)

【対象】

身近に相談者がいない方、悩みの相談や育児ノウハウ習得ができるよう産前・産後サポートによる支援が必要と保健師が判断した妊産婦等

【支援の時期】

妊娠中からおおむね生後6か月まで浦安版少子化対策事業は、26年度以降も少子化対策に有効な事業を拡充し、実施していきます。

そして、浦安で安心して子どもを産み育てられる環境を提供することを目的として、妊娠・出産・子育てにわたる切れ目のない支援の実現を図っていきます

【問合せ】健康増進課 Tel.047-351-1111




妊娠期からの切れ目のない支援の充実のため、出産医療機関を退院後、心身ともに不安定になりやすい時期に、専門職(助産師・看護師など)がお母さんの心身のケアや乳児ケア、育児サポートなどきめ細かい支援を行います。産後の疲れた身体を癒し支援を受けることで、ゆっくり体調を整えながら育児のできる環境を整えます。(事前登録制)

【対象】支援者が身近になく、育児不安の強い方

  宿泊型=初産婦・新生児(退院後直接産後ケア施設に行ける方)
  デイケア型=産婦・おおむね生後4か月までの乳児

【実施場所】
  宿泊型=東京ベイ・浦安市川医療センター
  デイケア型=オリエンタルホテル東京ベイ(12月1日より開始予定)

【利用料金】
  宿泊型=1泊2日6,000円 1日追加につき3,000円(原則7日間以内)
  デイケア型=未定

【問合せ】健康増進課 Tel.047-351-1111

 ★サービス紹介ページ
 宿泊型 http://genki365.net/gnku04/pub/sheet.php?id=780



現在、保育園で行っている一時保育は、家庭の事情により週1〜3日の範囲内で断続的に働いているため育児が困難になる方や、病気やけがで入院・通院するなど、一時的に家庭での保育や育児が困難になる方、保護者の私的理由により保育を必要とする方が利用できる制度です。

しかし、買い物やリフレッシュするために、一時保育を短時間利用したいといったご意見があり、市では、理由を問わない短時間利用の一時預かり事業を開始します。

【実施場所】富岡幼稚園、日の出幼稚園、旧第3職員住宅(猫実)

【利用料金】1時間=無料、2時間=500円、3時間=1000円

 ★サービス紹介ページ
 http://genki365.net/gnku04/pub/sheet.php?id=2620



平成27年4月に明海地区に私立の幼保連携型認定こども園(対象=0〜5歳児)を新設するとともに、公立幼稚園8園[若草・みなみ・堀江・美浜南・美浜北幼稚園(対象=3〜5歳児)、北部・舞浜・明海幼稚園(対象=4・5歳児)]を幼稚園型認定こども園へ移行します。また、今後も、公立幼稚園を段階的に認定こども園へ移行するよう、検討を進めます。

※認定こども園とは
幼稚園の「学校教育」と保育所の「保育」を一体的に行う幼稚園機能と保育所機能を併せ持つ施設で、幼保連携型、保育所型、幼稚園型、地域裁量型の4種類があります。

【問合せ】 保育幼稚園課 Tel.047-351-1111



浦安市では、次代を担う大切な浦安の子どもたちを地域・社会全体で大切に守り、個性豊かに育んで行く環境を整えることが非常に重要だと考えており、今までもさまざまな子どもたちの居場所づくりを整備してきました。

高洲二丁目に整備予定の「(仮称)こどもの広場」は、今までの既成の遊具を中心とした公園とは違い、自然に近い環境の中で、子どもたちが自由な発想の中で想像力を働かせ、冒険心を育み、自立性や社会性を高めることのできる広場です。

今後、こども達だけではなく、保護者や地域の方々と一緒になって、子どもたちの育成を
支えていけるような施設を整備していきます。

【問合せ】 青少年課 Tel.047-351-1111



子育てをしているパパ・ママを応援する子育てポータルサイト「MY浦安」を平成26年10月にリニューアルオープンしました。

このサイトは、行政と民間の情報問わず、出産・育児に役立つ情報をカテゴリー別に分かりやすく表示し、リアルタイムの行事をはじめ、各種制度や施設の紹介などの役立つ情報を提供することを目的としています。

子育て中の悩みはさまざまで、たくさん抱えていても、育児はノンストップです。

「どうしよう?」と思ったら、子育てポータルサイトを開いてみてください。
また、ママ友の輪を広げたいときや、先輩のアドバイスが必要なとき、ちょっとだけリフレッシュしたいときなども、情報がたくさんありますので、ご利用ください。

【問合せ】 こども家庭課 Tel.047-351-1111



不妊相談の実施

 「不妊症治療を開始しようか悩んでいる」「今、不妊症治療を受けているけど今後について不安がある」など、不妊に悩むご夫婦を対象とした不妊相談を、毎月無料で実施します。(事前予約制)

【対象】浦安市に住民票のある不妊に悩んでいるご夫婦(相談はお一人でも可)
【問合せ】健康増進課 Tel.047-351-1111

特定不妊治療費助成事業 

 医療保険の適用がない高度な不妊治療を選択せざる得ないご夫婦の経済的負担を軽減するため、千葉県特定不妊治療費助成を受けている場合に上限10万円、ただし、治療方法がC(凍結した胚による胚移植を実施済みの方)・F(採卵したが卵が得られなかった、または、状態の良い卵が得られなかったために治療を中止した方)の場合は、上限を5万円として費用を助成します。
*平成26年度は4月1日に遡及して助成が受けられます。

【対象】浦安市に住民票(両方あるいはどちらか一方)のある夫婦
【問合せ】健康増進課 Tel.047-351-1111

男性不妊検査費用助成事業

 夫婦そろって不妊治療に向き合うきっかけとして、男性不妊検査費用のうち、自己負担分について、上限を1万円として助成を行います。

【対象】検査開始日から浦安市に住民票があり、妻が43歳未満の夫
【問合せ】健康増進課 Tel.047-351-1111


 
情報掲載日:2015/01/30
前の画面へ戻る
▲ページトップ