ホーム > 活動報告 > 交流イベント〜手話パフォーマンス

交流イベント〜手話パフォーマンス

10月29日の日曜日、美浜公民館にて交流イベントを開催しました。
今回は浦安市在住の手話パフォーマーである高木里華さんと、お仲間のTAKA's Partyの皆さんをゲストにお招きし、聞こえる人も聞こえない人も誰もが楽しめるパフォーマンスを披露して頂きました。

手話パフォーマンスとは?
手話は聞こえない人が会話するための言語ですが、その手話を奏でて素晴らしい歌やダンスを表現することもできます!手話を使って歌ったり踊ったり。手話がわかる人もわからない人も一緒に楽しめる、そんなショーのことです。

 
   

『アナと雪の女王』のパフォーマンスでは、観客のお子さん達も飛び入り参加!
『おどるポンポコリン』のパフォーマンスでは、観客も一緒に手話ダンスを練習!その後全員で踊りました!
選曲は子どもから大人まで、誰もが知ってる曲ばかり。元気で楽しい曲はもちろん、『千の風になって』や『奏』など心にしみる曲も。感動して瞳が潤んでいる方もいらっしゃいました。
左の方が着けているのは【災害時要援護者用バンダナ】です。東日本大震災後に浦安市で作られたもので、災害時に支援を必要とする障がいのある方がこのバンダナを身に着けることにより、周囲の方に支援が必要であることを伝えることができます。以前の記事で紹介しているので、興味のある方はぜひご覧ください。
パフォーマンス後にはゲストの方々との交流の時間もありました。ハロウィンの時期だったので、お菓子のプレゼントも配ってくれました!一緒に記念撮影もできましたよ(^^)
♪ 展示コーナー ♪
サークルで発行している手話新聞や、子ども会員による手話や聞こえない事に関する調べ物、自由研究などを展示しました。
この情報は、「親子手話サークル「つ・な・ぐ」」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ