ホーム > 活動報告 > コウモリ観察会 報告

コウモリ観察会 報告

8月22日に、コウモリ観察会を開催しました。
講師の大沢夕志氏および大沢啓子氏のインタープリターとしての経験も活かされた楽しい会で、 参加者として楽しめただけでなく、説明の仕方なども 大変参考になりました。

海外に出られて撮影された沢山のコウモリ写真や、模型やぬいぐるみなどを ふんだんに使った解説のあとで、手に手にサイリュームのライトをつけて、お祭り気分で、公園へ。

満月の中、超音波を人間が聞こえるように変換してくれるバットディテクターを空にかざして、コウモリがBuzzという音を出してエサを定位したり、獲物を捕った瞬間がよく分かりました。
虫とってくれますし、特にアブラコウモリは民家などにもねぐらをつくるので、身近に観察できるほ乳類という意味でも大変いい機会に恵まれました。
コウモリは種類数では哺乳類の1/4を占める一方で、多くの種類で絶滅が心配されています。しかし、その生態についてはねぐらや冬越しの場所すら良く 分かっていない種も沢山いるそうです。
最近都会でも崖を生息地にする ヒナコウモリがマンションから拾われて行徳の野鳥の傷病舎に届けられるなど、 新しい報告もあるようです。
この情報は、「浦安自然まるごと探検隊」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ