環境シンポジウム千葉会議
                         

バス見学報告(2012年9月5日)

 スマートシティの先駆け「山万蠅離罅璽リが丘」
→NTTファシリティーズ蠅離瓮ソーラー
→日本最大のバイオ発電「市原グリーン電力蝓
を見学しました。

満員御礼。お天気上々。和気藹々。

(市原グリーン電力蠢阿砲董


 
   

10時からの説明の前にユーカリが丘線を体験。

一周200円。

スマートシティの乗り物です。
ただ売るのではなく、住民の幸せを考えた街づくり。

自治会に入らない人には売らないそうです。

山万蠅旅佑┐覲垢鼎りは環境方面からのスマートだけではないとのこと。

ユーカリが丘に早くからお住まいの方も一緒に説明を受けられました。
駅まで10分以内の街づくりですが、電気自動車で駅まで行くための整備もされています。

電気自動車のカーシェアリングもできます。
全国にあるNTTの送信所の跡地を利用して発電。
見学者メンバ―によると角度は30度だそうです。

一般公開は10月からのため、外からみました。
まさに電気の畑です。

クスノキでしょうか?一本残されて、剪定作業中でした。
三井造船蠅良瀉呂涼罎砲△蠅泙后

これは原料を投入するための建物です。

原料はすべて建築廃材。

産廃処理28社の協力で成り立つ事業です。

原料が途切れなく供給されないと発電はなりたちません。
原料を投入するところ。

重さに耐えられないので、ダンプではなく車自体を75度に傾けて投入。

原料の供給を協力してくれる会社を集めるのに2〜3年かかったとのこと。

原料切れになって発電装置が止まれば、○千万円の損害がでるそうです。
日本最大のバイオ発電装置です。

廃材の中の釘がたまるので、時々掃除が必要です。

2009年からやっと黒字になったそうです。

法律が変わって、電気は今や営業のいらない商売になりました。


前のページへ戻る
浦安市市民活動センター