ホーム > 地域トピックス > 人口減少下の地域イノベーションの起こし方:「競争」から「協創」へ、「行政へのお願いごと」から「じぶんごと」へ

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科の保井 俊之氏をお招きし、『人口減少下の地域イノベーションの起こし方:「競争」から「協創」へ、「行政へのお願いごと」から「じぶんごと」へ』というテーマで御講演いただきます。

日時 : 平成28年2月20日(土) 13時45分〜15時45分(13時30分開場)

場所 : 高松テルサホール(入場無料)

●経歴
1962年生まれ。1985年に東京大学教養学科卒業後、旧大蔵省入省。OECD勤務、在インド日本大使館勤務、金融庁参事官、財務省政策金融課長、並びに同地方課長等を歴任。2008年より慶應義塾大学大学院で教壇に立つ。国際基督教大学博士(学術)。併せて、国際基督教大学大学院で非常勤講師、さらに中央大学及び政策研究大学院大学で客員教授を務めた。2015年から九州工業大学の客員教授を兼務している。米国PMI認定Project Management Professional。
●専門分野
システム思考、デザイン思考、社会システム論、地域と社会のイノベーション、地域活性化等。慶應SDMの「システム×デザイン思考」等のソーシャルイノベーションのためのワークショップで、この4年間にのべ4千人超の参加者をファシリテーションした。地域活性学会、日本創造学会、日本行政学会等の会員。
主な著書に、『「日本」の売り方: 協創力が市場を制す』(角川oneテーマ21, 2012年)、『システム×デザイン思考で世界を変える: 慶應SDM「イノベーションのつくり方』(前野隆司編著, 共著, 日経BP社, 2014年)、『REVICによる地域の再生と活性化』(地域経済活性化支援機構著, 共著, 金融財政事情研究会, 2015年)。


Address 高松市屋島西町2366-1

TEL 087-844-3511

●駐車場
・立体駐車場230台
・臨時駐車場80台

お車でお越しの際は、フロントにて「利用証明機」に駐車券を通していただくと、駐車料金が無料になります。

●公共交通機関でお越しの方
・JR高松駅
 高松バスターミナル7番より屋島大橋線→高松テルサ
・ことでん瓦町駅
 瓦町天満屋バスターミナル6番より屋島大橋線→高松テルサ
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ