男木地区コミュニティ協議会
                                 

島民参加率約40%! 防災訓練まとめ

6月5日(日)に高松北消防署朝日分署、消防団男木分団、男木小中学校のご協力のもと、防災訓練を実施しました。雨が降り足元の悪い中でしたが、71名の島民が参加しました。
はじめに、午前9時に大雨洪水警報発令下で土砂災害が発生したという想定で男木小中学校体育館への避難訓練を行いました。10つに分かれた組ごとに指定された安全ルートを確認しながら集団で避難してもらい、安否確認までの流れをシュミレート。その後は心臓マッサージ・AED取扱講習、消火訓練、炊き出し訓練など有事の際に役立つ知識やスキルを教わりました。
離島という立地上、災害発生時には外からの支援が届くまでの間、島に住む人たちによる助け合いや初期対応が重要になります。ふだんから近隣の人たちとの声かけや防災意識の共有を大切にしておきたいものですね。

 
   

安否確認時には点呼で番号を唱える参加者の元気な声が響きました。
担架や力がなくても毛布1枚で負傷者を移動できる方法を学びました。
炊き出しでは非常食カレーの試作・試食を行いました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松