植田校区コミュニティ協議会
                                   

救急車の利用と応急手当について

H21年2月21日(土)14時〜
 婦人会の役員と一般の方を対象に「AED(自動体外式除細動器)を用いた救命処置」の講習を高松市東消防署 山田出張所職員の指導により行いました。
 
 最近では,AEDを色んな所に設置され多く目にするようになりました。
でも,いざという時に慌てたり使い方が分からないのでは意味がありません。しっかり頭で理解し,体で覚えれるように心肺蘇生法(CPR)からAEDの正しい使用方法を何度も体験し学びました。

 救急車をただ待つのではなく,その場に居合わせた人がAEDを含めた一次救命を行うことが重要である事を改めて心から実感しました。
 できるだけ早く119番通報を行い、できるだけ早く胸骨圧迫と人工呼吸を行い、できるだけ早くAEDを使用して電気ショックを行い、できるだけ早く医療機関で処置をすることが、大切な命を救うことにつながります。


 また,午前中は食生活改善委員による栄養バランスを考えた料理教室を行いました。

 
   


前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松