下笠居地区コミュニティ協議会
                           

第19回 健康ふれあいマラソン大会が開催されました

 平成21年1月11日、高松市生島町の香川県総合運動公園多目的広場にて、下笠居体育協会主催の下笠居地区健康ふれあいマラソン大会が開催されました。
 この日は朝から強い風が吹き、時折雪がちらつく寒い日でしたが、親子参加の3歳児から45歳の方まで、101名が参加。寒さに震える応援団を尻目に、全員、元気に完走しました。
 また、今年の大会にはサッカーの<カマタマーレ讃岐>からコーチ兼選手の下家さんと事務局の池端さんが参加。両コースをこども達と一緒に快走しました。
 子ども達や応援団のお母さん方は、思いがけないカマタマーレの参加に大喜び。声援にも熱が入り、大会は大いに盛り上がりました。
 そして、表彰式では、体育協会からの賞状と賞品のほかに、カマタマーレから各部門の優勝者にカマタマーレのストラップが贈られました。
 

1kmコース
「さあ、走るよ。」
1kmコーススタート
「わーい、走るぞー!」
 こども達は、いきなりダッシュ!
 大人は付いていけません…。
3kmコース
「カマタマーレには負けんぞー!」
 中学生もダッシュでスタート。
3kmコース
カマタマーレの池端さん。
こども達を率いて、余裕の走り。
「やっぱり、速いね〜!」

「みんな、がんばれー!」
3kmコース
金メダリストは、高校生。
昨年に引き続き、一般の部で2連勝です。
タイム更新はできたかな?
2位は、中学生。がんばりました。

「ところで、下家さんは?」
一般の部で2位。総合では6位。ちょっと油断したかな。


前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松