浅野校区コミュニティ協議会
                         

平成27年度センター講座                             健康は足の裏から

    〜足の裏から考えよう〜

5月29日(金)足の裏から健康を考えようと講師にフットボディスト池田 陽子先生をお迎えしました。まず、参加者31名全員の足の裏の形をとります。足の裏は指紋のようにみんな違っていて、踵が濃く写る形、小指が真っ黒に写る。親指が写っていないなど、様々です。普段の体重のかけ方や歩き方の癖、自分の足に合った靴を履いていない等の理由で足と足指に負担をかけて、腰痛・肩こり・膝痛・頭痛・眼球疲労などに繋がるそうです。こんなにも足の裏からたくさんの事がまなべるのだと実感させられた講座となりました。まさに健康は足の裏から!!です。

まずは足の指をいっぱいにパァーと開きます。開くだけなのに下半身に力が入ります。
次はグー・チョキ・パァーと指を伸ばしたり縮めたりします。普段しない動作に足指もなかなかおもうように動きません‥‥
指を動かした後は足首を回して関節をほぐします。
足の指の間に反対の手の指を交互に差し込んで足指を広げます。初めは痛みを感じますが、段々と気持良くなります。
ウォーキングシューズの履き方を実演してもらいました。踵トントンが大切です。
最後に靴の選び方、中敷きや靴下の大切さのお話をして頂きました。靴下は5本指を選ぶと足指が自由に動き良いそうです。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松