二番丁地区コミュニティ協議会
                           

〜非常時に備えて〜 乾物を使っての料理教室

☆平成27年1月21日(水)

☆二番丁コミュニティセンター

 大規模災害が発生した際に、自宅で避難生活を送れるために二番丁コミュニティ協議会では、家庭内備蓄を推進しています。

 普段家庭にある食材を使った非常食メニューの実習を実施しました。

 指導は、栄養士の平山文子先生。
 参加したのは、頼もしい二番丁防災女性チームの面々の他に、地域の有志などです。 
<ひじきと大豆の炊き込みご飯>
 一度にたくさんの栄養源が取れ、特に大豆は不足しがちなタンパク質を補ってくれます。

 
<高野豆腐のピカタ>
 低カロリー高タンパク質の高野豆腐は、調理法で主菜にも副菜にもなる便利な食材。 
 災害時でも、少しでも笑顔で過ごせるといいですよね♪
 乾物を使うことにより、バランスの取れた献立が作れました。
 

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松