二番丁地区コミュニティ協議会
                           

ふれあい餅つき大会

 二番丁地区コミュニティ協議会の年末恒例の行事、ふれあい餅つき大会がにぎやかに行われました。
 子ども会行事も行われ、子どもからお年寄りまで楽しく交流しました。
 

 ☆平成26年12月20日

 ☆新番丁小学校にて

 三味線餅つきでは、三味線伴奏に合わせて、みんなで
「そーれ!」「よいしょ!」と掛け声をかけました。
 子どもたちもおもち丸めにも挑戦しました。
 体育館では、高松かるたや昔遊びで、老人会と子ども会の交流会もありました。
 誕生祝い餅では、一生餅を背負って歩くお子さんにみんなで声援を送りました。
 泣きながらママを必死で追いかけるお子さんも・・
「がんばれ〜!」
 津軽三味線奏者 筒井茂広さんの三味線演奏会には、奥様の池田弥生アナウンサーも参加し、歌や太鼓を披露して会場を沸かせました。
 11時ころには、みんなお待ちかねのぜんざいが出来上がり!
 ぜんざいはお代わりもでき、おいしいと好評でした。
 つきたてのお持ちのお土産もありました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松