太田南地区コミュニティ協議会
                             

反射材着用啓発街頭大キャンペーン

11月5日午後5時から、反射材着用啓発
街頭キャンペーンが行われました。
ジャンパー・ベスト・タスキ等の反射材を
着用した住民111名が、夕方のラッシュ時に無言キャンペーンでドライバーや歩行者の視覚に訴えました。

今回の当番自治会は、東川地区・西下所地区で多くの方に参加していただきました。
日没とともに反射材の効果が確認でき始めました。
キャンペーンも終わりに近づいた頃はすっかり暗くなり、反射材着用の効果を十分に確認することができました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松