男木地区コミュニティ協議会
                                 

"2008" 男木地区文化祭

2年毎の文化祭は毎回コミュニティセンターの2階を利用して作品展を主体に行ってきましたが、階段の使用は高齢者にとって苦痛のため、今年は体育館を会場に変更し、少し趣向を凝らしてみました。作品展と共に、日舞,民舞踊、カラオケ、人形浄瑠璃、落語、等々みんなが参加して笑って過ごせる、楽しい文化祭を企画しました。

ステージの子供達や教師にあわせ、会場も一つになって大合唱どの顔からも、笑みがこぼれます。
男木島が好きで、好きで,たまらないと言う、3名の中学生の作品です。学習発表会も素晴らしい出来でした。優れた教師と恵まれた自然環境、先々に課題はあっても、楽しみな3名です。
活花は、腕をふるって活けてくれましたが、流派の性でしょうか、それとも我流?それぞれの活け方に個性があふれていました。
男木島出身で直島在住の福岡さん。本日の文化祭に駆けつけてくれました。さすがは日舞の名取、見物客もうっとり見とれていました。
日頃、講師を招き、民舞踊の練習を重ねてきましたが、今日はセンター学習の学習発表会を兼ねて踊りました。
男木島美人のファッションショーというタイトルでしたが、美人はどこに、、?何とも愉快なショーでした。
知り合いの紹介で笑福亭学光さんを招きました。日頃落語とはあまり縁のなさそうな皆さんですが、今日はたっぷり落語をたんのうして頂きました。
3年前から男木島公演を約束して頂いておりました円座地区の香翠座の皆さんによる、人形浄瑠璃。傾城阿波の鳴門。巡礼歌の段。クライマックスシーンはどの顔もウルウル、グスン。
島の行事はことごとく、縁の下の力持ち役は婦人会の皆さんです今日も早朝よりおにぎりやうどん等の接待の準備に大わらわでした。会場の片隅に軽食コーナを設けてみました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松