新塩屋町地区コミュニティ協議会
                           

第1回新塩屋町校区防災訓練の実施

平成20年10月5日(日)
第1回新塩屋町校区合同災害訓練を実施しました。当日はあいにくの雨でしたが約300名の参加。訓練は体育館のみで行われました。
AED訓練、応急担架訓練、自主防災機材の取扱説明を実施致しました。

〈訓練指導応援〉
高松市危機管理課辻本哲彦課長補佐、高松市北消防朝日分署高島真治分署長、高松市消防団北部分団中野幸則分団長の応援指導をお願いしました。
〈訓練応援車〉
当日は地震体験車をはじめ朝日分署の消防車、救急車も駆けつけての応援態勢でしたが、雨で地震体験車は中止。
次回のお楽しみに・・・。
〈受付訓練〉
災害時の避難を想定して、受付訓練も実施。4班を町ごとに受付机を用意しての名簿作成。
〈防災の基礎知識講話〉
高松市辻本課長補佐より
「訓練は連帯意識を向上し防災の意識も高めます。住民が協力して弱者を支援しましょう。そして非常持ち出し品を準備しましょう。」
〈心肺蘇生訓練〉
消防の指導のもと心臓停止した疾病者をAEDにより心肺蘇生訓練を実施。
〈応急担架作成訓練〉
毛布と青竹2本を使っての応急担架作成訓練、そして担架での疾病者を安全な避難場への移動訓練。
〈自主防災資機材の取扱説明〉
自主防災資機材保管庫より持ち出して使用方法の説明、主に消火器の取り扱い、くれぐれも悪質業者から買わないように!!
高島分署長から本日の訓練について
「第1回にしては統制がとれています。」
とのうれしい言葉、更に訓練は毎年続けることが重要で、回を重ねるごとに進歩します、とのこと。
〈救急センターコーナー〉
もしもの場合に救急センターコーナーを開設。
〈非常食の配布〉
参加者には非常食(アルファー米、みそ汁、クラッカーなど)を配布。
辻本課長補佐より非常食の説明を受け、AM11:00解散。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松