浅野校区コミュニティ協議会
                         

センター講座                            ふるさと浅野の歴史講座

 10月12日(土)秋晴れの中、〜ふるさと浅野の歴史講座〜から館外研修で出かけました。
 講師の中原耕男先生と共に東赤坂古墳、ゾウバラ地蔵、樫の木地蔵、護摩地蔵の4カ所を見学、学習しました。
 古墳の管理をされている植松様の協力もあり、普段は入る機会のない古墳の内部へも入ることができました。参加された方々からは「貴重な体験が出来た」と興味深く学ばれていました。

 ここは五世紀から七世紀頃に豪族が住み権力を持ち、支配していた等々説明に想像が膨らみます。
 この石組が円墳の横穴式石室の羨門(せんもん)と言って入口になります。大人はかがまないと入れません。
 古墳のすぐ近くには「ゾウバラ地蔵」があります。丸い優しそうなお顔のお地蔵さんです。
 樫の木地蔵さんにお参りすると眼病が治るといわれているとか‥‥
 少し離れて見ると「樫の木地蔵」との名前の通り、老木の樫の木の根元に鎮座しております。
 護摩地蔵さんは護摩木をたいて衆生の難を救ってくださるそうです。参拝者も多く、お地蔵さんへ頭巾や腹かけなどの奉納も多いようです。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松