新塩屋町地区コミュニティ協議会
                           

第6回 新塩屋町地区防災訓練の実施

平成25年10月6日(日)、旧新塩屋町小学校において、第6回新塩屋町地区防災訓練を実施しました。
平成16年の高潮被害や東日本大震災を受けて地域でも防災意識が高まり、台風後の中300名以上の参加がありました。

<内 容>
 
●総合合同訓練
  旧新塩屋町小学校にて
 ◎体育館 トリアージ、災害時用購入 資機材の使用訓練、AED取扱訓練、防災グッズ創作訓練  
 ◎運動場 煙体験訓練、消火訓練
 ◎炊き出し訓練(豚汁)

 各地区・自治会ごとに受付をスムーズに済ませ、開会式後、5班に分かれて訓練を行いました。
 消防隊員による負傷者を重症度、緊急度などによって分類し、治療や搬送の優先順位を決める「トリアージ」の説明がありました。
〈1.AED取扱訓練〉
 消防隊員による、AEDの取り扱いと心肺蘇生法の講習です。
 皆さん交代しながら真剣に取り組んでいます。
〈2.防災グッズ訓練〉
 日赤奉仕団藤原さんの指導のもと、タオルケットで身体を覆ったり、風呂敷で袋を作り背中に背負ったり、身近な布で防災グッズが次々と出来上がりました。
 〈3.消火器による消火訓練〉
 消防隊員の説明を熱心に聞き、皆さん腰を低く構え狙いを定めて発射!!
〈4.バケツリレーによる消火訓練〉
 地域の連携抜群!バケツが手早く次々と運ばれていきました。
〈5.煙体験訓練〉
 ハンカチやタオルで口元を覆い煙の中へ…視界不良で不安な表情も出口ではホッとした表情に…。
〈6.災害時用購入資機材の使用訓練〉
 発電機でハロゲンライトを点灯させたり、飲料水製造装置の使用訓練をしました。
〈7.豚汁炊き出し訓練〉
 朝早くから、日赤奉仕団が準備した豚汁!大変美味くいただきました。

前のページへ戻る
高松市地域コミュニティ協議会情報 コミねっと高松